お通夜/お葬式

葬式のハンカチはどこで買う?色は白黒/花柄やワンポイントはNG?

葬式用のハンカチはどこで買う?

葬式に必要な服やバッグを揃えたけれども、忘れてしまいやすいのがお葬式様のハンカチですよね。

涙や手を拭くためにもハンカチは持ち物の必須アイテムとなっていますので、今すぐ買いに行けそうな店舗でどこで買うのが良いのか調べてみました。

また、葬式用のハンカチには白と黒があります。

どっちを買ったらいいのか?ハンカチの色や柄についてのマナーもまとめていますので参考にしてみてください。

葬式のハンカチはどこで買う?

葬式用のハンカチをどこで買うのがいいのか?身近なお店ごとの特徴と価格帯を詳しく解説していきます。

100均一、コンビニ

ダイソーやセリアなど100均では礼装用の白や黒のハンカチが販売されています。

お値段はもちろん100円(税別)です。黄ばんだり、汚れてしまっても使い捨てして惜しくない値段でとても便利です。

ただシワがついてしまってる商品が多いようなので、時間があればアイロンをかけてから葬儀にもっていくのが良さそうです。

ローソンやセブンイレブン、ファミリーマートなどの各コンビニでもフォーマル用の白いハンカチが販売されいる店舗があります。

値段は400円台~500円台です。出先でハンカチを忘れたことに気づいたときや安く済ませたいときには便利ですね。

ただ100均もコンビニも店舗によってハンカチの取り扱いの有無がありますのでご注意ください。

規模が大きいコンビニよりも葬儀会場の近くのコンビニにはハンカチや黒のネクタイ、数珠などお葬式に必要な小物が揃っている確率が高いようです。

需要を考えてみたら、納得できますね。

ユニクロ

ユニクロでは速乾性に優れたファインクロスハンカチが390円(税別)で販売されいます。乾きも早く、シワにもなりにくいという口コミが多いので汗をかきやすい夏場や素材の良さを重視したい方にはユニクロでの購入がおすすめです。

しまむら

冠婚葬祭用の小物を数多く取り扱っているしまむらでは、礼装用のハンカチも販売しています。

刺繍入りで上品な印象の白や黒のアイテムが多く、値段は280円~480円です。デザインの種類が多いので、女性らしいハンカチをお探しの方にはぴったりだと思います。

しまむらでは葬式に必要な喪服や小物類も安く揃っているので、ハンカチと一緒に買うことができ、とても便利です。

ドンキホーテ

ドンキは深夜遅くまで営業しているので、前日の夜にハンカチがないことに気づいたという方には助かりますね。

冠婚葬祭用品を揃えている店舗もあるので、葬儀用ハンカチも購入できます。

ドンキらしく、ブランド物のハンカチが110円(税込)で売られているなど掘り出し物感が強かったです。ただ確実に売っている保証はなく、品数も少ないので選択肢はあまりないと言えます。

夜中にどうしても買わないといけない方の駆け込み先としては最適です。

駅のKIOSK(キヨスク)

コンビニと同じく、駅の売店でもハンカチの取り扱いが多くあります。柄付きのハンカチが多いようですが、冠婚葬祭に使える白いハンカチの取り扱いもあるようですので電車を使う方はキヨスクを覗いてみてもいいかもしれません。

青山やデパートなどのフォーマルスーツ売り場

フォーマルスーツ売り場ではハンカチなどの小物類も販売しています。

専門店ですがあくまでハンカチなのでそれほど高価でもなく、価格帯は500円台~1000円台くらいです。

長く良いものを使いたい方はフォーマルスーツ専門店で購入するといいと思います。

葬式のハンカチは白黒どっち?花柄NG?

葬式用のハンカチは白と黒どちらがいいのでしょうか。

戦前までは日本では白い喪服が一般的だったため、ハンカチも白が正しいマナーでした。しかし戦後は喪服は黒が主流になったため、喪服に合わせて黒のハンカチも用いられるようになりました。

白いハンカチであれば、結婚式など冠婚葬祭全ての場面で使えるので1枚持っていると便利です。しかし涙を拭く際に化粧がついてしまうこともあるので、汚れが目立たないという点では黒いハンカチの方がいいかもしれません。

マナーも時代とともに変化していっているので、最近では目立たない紺色や紫でも問題ないとされているようです。派手な原色のものは避けましょう。

模様に関しては、できれば無地のものが好ましいです。縁がレースになったものや、ハンカチの色と同色の花柄であればマナー的に問題はないようです。

キャラクターの柄や生地と違う色の柄など、目立つものでなければワンポイントぐらいの模様は大丈夫です。しかし基本的には光沢の少ないシンプルなハンカチを用意するようにしましょう。

葬式用ハンカチの生地の素材は?

葬儀に使うハンカチの生地は綿か麻、ポリエステルが良いとされています。

シルクやレーヨンは上品で良さそうですが、光沢のある生地のため葬儀には不向きです。

吸水性という面ではタオル生地も良さそうですが、ややカジュアルな印象を与えます。ただ最近はそこまでマナーを厳しくみない方も多いので実用的なタオル生地でも構わないとされています。

まとめ

葬儀用のハンカチを購入できる身近なお店と基本的なマナーについて解説してきました。

総合すると、値段も一番安くマナー的にも問題なく使える百均のハンカチがおすすめです。ただ店舗によっては取り扱いがないかもしれないので注意が必要です。

時間がなかったり少し良いものを買いたい方は、確実に購入できるしまむらやフォーマルスーツ専門店がおすすめです。他の小物類と合わせて購入しておくと慌てずに済みます。

葬式用のハンカチのマナーに関しては、できるだけ無地で白か黒のものが好ましいです。

派手な原色や華美な光沢のあるものでなければ白黒以外で多少模様が入っていても問題はありません。

\総合売れ筋ランキング1位/