葬儀社の比較

「てらくる」と「お坊さん便」を徹底比較!評判が良いのはどっち?

てらくるお坊さん便比較

近年、お坊さんを派遣してもらうサービスを利用する人が増えています。

その中でも、「てらくる」「お坊さん便」は特に人気が高く、一般的な葬儀と比較しても費用が比較的安いことで有名です。

今回は「てらくる」と「お坊さん便」に注目し、評判の良さや料金体系などを徹底比較していきます。

「てらくる」「お坊さん便」って何?

「てらくる」「お坊さん便」は、お坊さん派遣サービスを提供しています。

菩提寺が近くにある場合には、その寺院のお坊さんに葬儀や法事でお経をあげてもらうのが一般的です。

しかし、菩提寺を持たない家も増えてきたため、葬儀や法事の時に限りお坊さんを派遣してもらうというケースも珍しくはなくなったのです。

「てらくる」とは?

「てらくる」は、株式会社ユニクエストが運営しています。

「小さなお葬式」を提供している会社でもあり、葬儀業界では知名度が高いです。

運営会社 株式会社ユニクエスト
所在地 〒550-0004
大阪府大阪市西区靱本町1-6-3
問い合わせ先 TEL:06-6131-5936
FAX:06-6131-5937
葬儀のお問い合わせ:0120-926-361
創立 2006年8月1日
サービス内容 法事・法要の寺院手配

 

「お坊さん便」とは?

「お坊さん便」は、株式会社よりそうが運営しています。

利用者数No.1というだけあって、顧客満足度も非常に高いです。

運営会社 株式会社よりそう
所在地 〒141-0031
東京都品川区西五反田2-11-17 HI五反田ビス4F
問い合わせ先 0120-542-921
サービス内容 定額僧侶手配サービス

 

「てらくる」と「お坊さん便」の口コミを徹底分析

「てらくる」「お坊さん便」を利用した人は、実際どのような評価を付けているのでしょうか。

利用者のリアルな口コミをもとに、サービスの印象などを見ていきましょう。

「てらくる」を利用した人の口コミ

「てらくる」に限らず、葬儀会社を利用する際には複数社から見積もりを貰うことをおすすめします。

また、事前相談における対応の良し悪しで利用するか否かを決めるのも一つの手です。

2015年に利用しました。

身内が余命宣告をされたので、数社をネットで調べて事前に電話で説明を受けたところ、とても丁寧で安心できたので、こちらの会社に決め、お坊さんの派遣も頼みました。

式当日は、地元の葬儀社が対応してくれるので、その葬儀社や担当者によって当たり外れがあるかもしれません(我家の場合は、全国展開の大手葬儀社が担当してくれました)。

担当者からは、「棺のグレードアップ」や、「畳のある部屋を別に借りた方がよい」等と熱心に勧められましたが、「最初に決めた規定プランを超えない料金で収める」と断りましたら、それ以上は無理強いされませんでした (規定料金との差額が、地元葬儀社の利益になるらしい?)。

また、打ち合わせの早い時点で、納棺、出棺、火葬などの予定時間を教えてもらえたので、家族の方も段取りがつけやすくありがたかったです。

(出典:みん評

プランの提案はされるものの、きちんと断りさえすれば押し付けてくることはないです。

また、「てらくる」は「小さなお葬式」を提供している葬儀業界大手の株式会社ユニクエストが運営しているということもあり、その対応の丁寧さには定評があります。

料金がリーズナブルで悪くないサービスで良かったです。最初は利用するにあたって不安がありましたが、スタッフさんの方が丁寧に説明をしてくれましたので、大変安心しました。また、分からないことにしっかり耳を傾けてくれたり、アドバイスをしてもらいましたので、こちらのサービスを利用しようという決めてになりました。何かあったら、またこちらのサービスを利用したいと思ってます。

(出典:みん評

「てらくる」の価格は非常に安く、葬儀費用を少しでも抑えたい人にとってはおすすめのサービスです。

細かなオプションも多数用意されているので、予算や計画に沿って葬儀を組み立てることができます。

「お坊さん便」を利用した人の口コミ

「お坊さん便」では、自社サイト内にて利用者の口コミを公開しています。

実際に利用した人の声を見ることができるということもあり、非常に好評です。

今回のお坊さん便を利用したのは、昨年と同じようにインターネット検索からでした。とにかく急いで決めたものですから、やはり前回と同じような心配はありました。
「またお布施を求められるのかな」と思います。、念のため準備をしておきましたが、今回は全くそういったことがなく、ホームページに掲載されている料金以外には一切かかりませんでしたので、安心すると同時に気持ち良く利用することが出来ました。

(出典:お坊さん便

「お坊さん便」では、掲載されている料金以外の追加料金は一切発生しません。

葬儀関連で最も多いトラブルが金銭面に関することなので、その点においても利用者からの満足度は高いようですね。

年齢は60代ぐらいの方だったと思いますが、住職が来ていただいてとても良かったです。読経も説法も期待以上でした。これだと10万円、20万円を払う法要と全く一緒だと思います。説法や説法後の雑談でも、「お母様は、お孫さんをしっかり見てくれています」と言っていただいたほか、「洗濯などをする時でも、故人を想ってあげることが供養になります」などとお話していただき、とてもありがたかったです。
法要後も、主人が車でお送りしようとすると「バスで帰ります」と言っていただき。そんなところも感じが良かったです。

(出典:お坊さん便

 「お坊さん便」では、どのようなお坊さんに来てもらいたいか希望を伝えることが可能です。

必ずしも意向に沿ったお坊さんが来るとは限りませんが、「お坊さん便」で太鼓判を押せるような方が来てくださるので、利用者側も安心できますね。

「てらくる」と「お坊さん便」の料金体系を比較

実際に利用するとなった場合、「てらくる」「お坊さん便」の料金には差があるのでしょうか。

できることなら費用は安く抑えたいところですよね。

法要や戒名など、料金体系を比較して見てみましょう。

法要料金が安いのはどっち?

四十九日や一周忌法要などでお坊さんを派遣してもらう際に、どの程度の費用が必要になるのかまとめてみました。

てらくる お坊さん便
四十九日 4万5000円 3万5000円
一周忌
三回忌
新盆・初盆
お彼岸
納骨法要

基本的な法要料金は、「お坊さん便」の方が1万円安いですね。

また、葬儀のお布施料金に関しては2社とも、

  • 火葬式:5万5000円
  • 一日葬:8万5000円
  • 一般葬(2日間の葬儀):16万円

となっており、特に差は見られませんでした。

しかし、「お坊さん便」では戒名の授与をしない場合、上記から2万円安くなります。

複数名・2ヵ所目での法要料金

複数名の法要とは、「母親の一周忌」と「父親の三回忌」を同時に行う場合を指します。

  • てらくる:1万5000円
  • お坊さん便:1万円

複数名の法要の場でも、「お坊さん便」の方が金額は安いです。

また、2ヵ所目での法要というのは、自宅で四十九日法要を済ませた後にお墓で納骨法要をする場合などのことを指します。

  • てらくる:1万円
  • お坊さん便:1万円

こちらに関しては、「てらくる」も「お坊さん便」も金額に差はありませんでした。

戒名の価格に違いはあるの?

法要の料金には、戒名が含まれていません。

戒名を授与してもらう場合、「てらくる」でも「お坊さん便」でも最低2万円が必要になってきます。

戒名は宗派やランクによって金額が変わり、最大20万円かかる戒名もあります。

尚、戒名だけ授与してもらいたいという場合でも対応可能です。

「てらくる」も「お坊さん便」も追加料金が発生しない

基本的に、「てらくる」でも「お坊さん便」でも追加料金は発生しません。

その点に関しては、2社とも利用者からの評判は非常に高いです。

プラン外のことを依頼した場合には別途支払いが必要なケースもあるので、予め確認しておきましょう。

「てらくる」と「お坊さん便」の支払方法

  • てらくる:現金手渡し、クレジットカード
  • お坊さん便:現金手渡し、クレジットカード

2社とも基本的にはお坊さんへの現金手渡しを推奨していますが、予約時に前もってクレジットカードで支払いを済ませておくことも可能です。

「てらくる」のおすすめポイント

ここで、「てらくる」のおすすめポイントをまとめてみました。

葬儀業界大手の株式会社ユニクエストが運営しているということもあり、サービスにも安心感が備わっています。

早割制度

「てらくる」では、お葬式に関して早割を適用しています。

最短30日前までに申し込む必要がありますが、最大6万6000円安くなる場合もあります。

事前に葬儀が決まっていなくても申し込みは可能なので、少しでも葬儀費用を安く抑えたい人は一度相談してみることをおすすめします。

お坊さんの身元保証

「てらくる」で提携しているお坊さんは、全て僧籍簿に登録されている方のみです。

また、お寺を持っているかについても確認するので、お坊さんの身元が明確な点は非常に安心できますね。

自社葬儀場も完備

名古屋市にある「のなみホール」は、株式会社ユニクエストが初プロデュースした葬儀場です。

「てらくる」での利用者の声や実績なども反映されており、より故人や遺族に寄り添った葬儀場になっているとあって非常に好評です。

「お坊さん便」のおすすめポイント

「お坊さん便」のおすすめポイントは一体何なのでしょうか。

利用者数No.1、満足度96%を掲げているだけあって、提供しているサービスの中身も濃いです。

「お坊さん便」ならではおすすめポイントもあるので、選ぶ際の参考にしてみてください。

「よりそうメンバー制度」により割引

「お坊さん便」では、資料請求することで「よりそうメンバー」への登録が可能です。

登録自体は無料で、様々な割引特典を受けることができます。

メンバー割引特典の一例
  • 法要割引:2回目の法要から1000円引き。次の法要とセット予約で2000円割引。
  • 事前割:500円で事前割を購入し申し込み後30日経過すると最大5万円割引。
  • プラン割引:シンプルな永代供養墓が2000円割引。
    など

また、お葬式予約メンバー割引というのもあり、こちらは最大7万円割引が適用されます。

葬儀費用を抑えるためにも、よりそうメンバーに申し込んでおいても損はなさそうですね。

メディアによる取材実績多数

NHKや他メディア、さらには新聞や雑誌からも多数取材を受けています。

実際、800以上のメディアに取り上げられた実績があります。

また、一般社団法人五反田バレーを設立し、企業の創業支援や成長支援も手掛けています。

利用者目線に立ったサービス内容

「お坊さん便」では、利用者の立場に立ってサービスの提供を心掛けています。

利用者が安心できるように、

  • 明朗会計
  • 全額返金保証

を提示しています。

「お坊さん便」では、申し込み時の料金以外に追加で費用が発生することもなく、利用者からも高い評価を得ています。

お坊さん派遣サービスを利用する上での注意点

「てらくる」「お坊さん便」のようなお坊さん派遣サービスを利用するにあたり、注意すべきこととは何なのでしょうか。

過度に期待しすぎてしまうと、「こんなはずじゃなかった」というクレームにもつながりかねないので、予め気を付けておく必要があります。

お坊さん派遣サービスのメリット

お坊さん派遣サービスを利用した際のメリットをまとめてみました。

 <メリット>

  • 料金が明確で、追加料金が発生しない
  • 一度きりの付き合いでOK
  • 派遣されたお坊さんのお寺の檀家にならなくてよい
  • 菩提寺がなくても問題ない

一般的な葬儀にお坊さんを呼ぶ場合、お布施だけでも20万円以上かかる場合があります。

しかし、お坊さん派遣サービスであれば料金は定額制かつ追加料金が発生しないシステムになっているので、費用面において非常に安心して依頼することができます。

また、檀家になる必要がないため、菩提寺に対する経済的な負担を減らすことができるという点も大きなメリットの一つです。

お坊さん派遣サービスのデメリット

一方で、お坊さん派遣サービスを利用する上でのデメリットも少なからず存在します。

<デメリット>

  • どんなお坊さんが派遣されるのか当日まで分からない
  • 周囲から理解を得にくい
  • 菩提寺がある場合、そこのお墓に納骨できない場合がある

地域や宗派によって派遣されるお坊さんは様々なので、当日までどのようなお坊さんが来てくれるのか分からず不安だ、という利用者の声もありました。

また、特に年配の親類からは「お坊さんを派遣してもらう」ということに対し理解を得ることが難しい場合もあります。

当日になって揉めないためにも、予め葬儀の形を相談しておくことをおすすめします。

【まとめ】「てらくる」と「お坊さん便」はどちらも評判が良い

今回、「てらくる」「お坊さん便」を比較してみました。

どちらも料金体系が明確で、実際に利用した方からの評判は非常に高いです。

費用面では若干「お坊さん便」の方が安いものの、サービス内容を見比べてみると2社とも充実しており、利用者の満足度も高い傾向にあります。

  • 葬儀を行う上での優先順位
  • 葬儀の費用
  • 周囲の理解
  • 故人への想い

をふまえた上で、お坊さん派遣サービスを上手に利用しましょう。

 

ABOUT ME
keito
keito
人生において幾度とない”死”、そして葬儀。大切な人との“最期”を後悔しないための情報を随時更新しています。他にも様々なジャンルの記事を執筆し、ライター歴は2019年現在で5年目を迎えました。「読む人が欲しい情報を、的確に」をモットーに、分かりやすい記事作りを心掛けています。