葬儀社の選び方

後悔しない葬儀社の選び方とは?失敗も後悔もしない葬儀社選びのコツ

喪主、あるいはそれに近しい立場に置かれた場合、どのようにして葬儀社を選べば良いか迷ってしまうと思います。

人生の中で関わることが少ない葬儀だからこそ、葬儀社選びで後悔はしたくないですよね。

選ぶ葬儀社によっては、後々トラブルに巻き込まれたり、予想以上に葬儀費用が高くなったりしてしまうこともあります。

今回は後悔しない葬儀社選びについて解説し、失敗も後悔もすることなく気持ちよく故人を送り出すためのコツをお伝えします。

葬儀社はどのように探すのか?

実際に葬儀社を探さなければならなくなった場合、どのようにして探せば良いのでしょうか。

意外と葬儀社を探す手段は多いので、自分の住んでいる地域や置かれている状況と照らし合わせて、一番条件に合う方法で葬儀社を探してみましょう。

インターネットで検索して探す

ネット上には葬儀社に関する様々な情報が溢れています。

自分が求めている情報をピンポイントで見つけやすいので、葬儀社を探す際の一番最初の手段として選ばれることが多いです。

当サイトでも、「葬儀レビ」のような葬儀社比較検索サービスのご紹介をしています。

検索自体は無料なので、見積もり内容やサービスの比較検討をする際には非常に便利です。

親戚や知人などからの紹介

一度葬儀社選びを経験した人が周囲にいる場合、その人から葬儀社を紹介してもらうケースもあります。

特に昔ながらの葬儀社は地域に根付いているということもあり、「葬儀社と言えばココ」と当たり前のように利用されています。

ただ、周囲から紹介してもらったからと言って、自分が求めている葬儀社に当てはまるとは限らないので注意が必要です。

タウンページや地元紙の広告から探す

紙媒体のタウンページだけではなく、現在はインターネット版のタウンページもあります。

タウンページに掲載されている葬儀社情報は限られているので、自分の住んでいる地域で気になる葬儀社が見つかったらそのサイトに行き、見積もりを貰うことをおすすめします。

故人が亡くなった病院からの紹介

人が亡くなる場として最も多いのが病院であるため、病院から葬儀社を紹介してもらうというケースも少なくはありません。

人の死に直面した場合、急いで葬儀社を探さなければならないため、病院から紹介してもらった葬儀社で済ませる人も多いです。

しかし、病院の紹介だからと言って決して良い葬儀社とは限らず、後々のトラブルの原因になることもあります。

当サイトでも紹介している「葬儀社仲介会社」

「いい葬儀」や「小さなお葬式」のような、葬儀社仲介サービス業者から該当葬儀社を紹介してもらう方法もあります。

利用者と葬儀社を結び付ける葬儀社仲介サービスでは、利用者のニーズや住んでいる地域に併せてより条件に合致している葬儀社の紹介を行っています。

特に「小さなお葬式」は葬儀費用が安く、なおかつ様々なプランが用意されているので、予算に合ったプランが見つけやすいと非常に好評です。

後悔しないために!葬儀社選びのポイント5選

今回お伝えする5つのポイントを押さえておくことで、後悔しない葬儀社選びをすることができます。

葬儀社に求めることは人それぞれ異なるので、いかに「自分が探している条件に当てはまる葬儀社=良い葬儀社」を探し出せるかが重要です。

葬儀費用は明確か

葬儀業界において、最もクレームが発生しやすいのが「葬儀費用」に関してです。

  • 想像していたよりも葬儀費用が高かった
  • 見積もり時にはなかった費用が追加で請求された
  • 不明瞭な料金が葬儀費用の中に含まれていた

など、多くのトラブルの原因となっています。

葬儀費用が明瞭かは、非常に重要な判断材料の一つとなります。

故人や遺族の気持ちをくみ取ってくれるか

「こういう葬儀にしたい」という想いは誰しもが抱いていることです。

それに対して同調することなく、既存のプランを押し付けてくる葬儀社は決して良い葬儀社とは言えません。

葬儀社を利用する人の気持ちに寄り添い、希望や予算に合わせて適切な対応をしてくれる葬儀社を選びましょう。

事前相談や見積もりに快く対応してくれるか

多くの葬儀社は基本的に無料で相談を受け付けています。

しかし、予算やプランの内容について問い合わせた際に、

  • 説明が雑
  • プランの契約を急かしてくる
  • 見積もりではなく、本契約を迫ってくる

というような対応をしてくる葬儀社は選ばな方が賢明です。

葬儀社を選ぶのはあくまで利用者側であり、契約を急かされる理由はどこにもないのです。

問い合わせた際の対応から葬儀社の良し悪しを見分けることは可能なので、自分たちの話を聞いてくれて丁寧に対応をしてくれる葬儀社を選ぶようにしましょう。

低予算でも嫌な顔をしないか

葬儀社が用意しているプランの中には、比較的低価格のものから高額なものまで様々あります。

利用する側にとってはなるべく費用は安く済ませたいというのが本心ですが、葬儀社側としてはできるだけ高額なプランに契約してもらいたいのです。

利用者側の予算を聞いても嫌な顔をせず、むしろ予算内で最高の葬儀になるようアドバイスをしてくれる葬儀社は、とても良い葬儀社であると言えます。

葬儀プラン内容に含まれるオプションは豊富か

基本的なオプションは葬儀プランに含まれていることが多いのですが、別途費用が必要なオプションがある場合には注意が必要です。

<追加料金が発生するオプションの一例>

  • 料理や返礼品
  • 搬送(距離による)
  • ドライアイス
  • 葬儀場利用料
  • 担当スタッフの増員  など

葬儀社によって異なりますが、「絶対に必要なもの」から「場合によっては必要なもの」までオプションは様々用意されています。

「プランに含まれていると思った」では後々追加料金が発生してしまう原因となるので、自分が選択しようとしているプランにはどのようなオプションが含まれているのか確認することが重要です。

葬儀社選びの際に注意すべき点

葬儀社を選ぶ際には、どのような点に注意しておくと良いのでしょうか。

後悔しない葬儀社選びにおいて、今回お伝えする注意点を念頭に置くことで、より自分が求める葬儀社を絞ることが可能になります。

葬儀のスタイル

葬儀を執り行うにあたり、どのような葬儀のスタイルを選ぶのかは非常に重要です。

一般葬 生前、故人と関りがあった人を呼び、比較的大規模に行う葬儀。
家族葬 遺族や親族、近しい知人のみで行う小規模な葬儀。
一日葬 通夜を行わず、葬儀から火葬までを一日で済ませる葬儀。
直葬(火葬式) 通夜、告別式を行わず、火葬のみを行う葬儀。尚、亡くなってから24時間は火葬ができない。

上記以外にも、組み合わせ次第では様々な葬儀の形があります。

葬儀のスタイルによって費用も大きく変わってくるので、事前に相談しておくことをおすすめします。

故人や遺族の宗教・宗派

基本的に葬儀は故人や遺族が信仰している宗教・宗派に沿って行われます。

実は、家族間でも異なる宗教・宗派を信仰しているというのは意外と多く、宗教・宗派によって執り行われる葬儀の形も変わってきます。

また、特に宗教・宗派を信仰しない「無宗教」の人も近年増えているため、そのような場合には「無宗教葬」を選ぶことも可能です。

後悔しない葬儀社選びの最適なタイミングとは?

葬儀社を選ぶタイミングは、いつが一番適しているのでしょうか。

事前に葬儀社を決めることができるならそれが一番良いですが、突然葬儀社を探さなければならない場合もあります。

葬儀社を選ぶタイミングが分かっていれば、その状況が近付いてきた時に「そろそろ葬儀社を選ぶ頃かな」と心の準備をしておくことができ、冷静な判断が可能になります。

ご遺体を安置所へ搬送する時

故人が病院で亡くなった場合、病院では長時間安置しておくことはできません。

その時点で既に葬儀社が決まっていたらそこを利用することになりますが、だいたいの場合は決まっていないことの方が多いです。

その際には、病院から紹介してもらった葬儀社を搬送時のみ一時的に利用する場合もあります。

危篤の状態が続くようであれば、その間に葬儀社をピックアップしておくと万が一の時にも慌てずに済みます。

病院と提携している葬儀社を紹介してもらうことも

人の死に直面すると気持ちが動揺し、頭の中が真っ白になってしまいがちです。

その状況で、気持ち的に葬儀社を選ぶ余裕がない人もいるでしょう。

病院から葬儀社を紹介してもらうことも可能なので、どうしてもという時にはその葬儀社を利用することも一つの手です。

可能であれば事前に葬儀社を選んでおくと良い

故人が亡くなってから葬儀社を選ぶとなると時間的な制約がかかってしまい、余裕をもって葬儀社選びをすることが困難になってしまいます。

突然の訃報以外、予め葬儀社の候補をいくつか挙げておき、数社から見積もりを貰っておくことで万が一の場合に備えておくことができます。

生前予約をしている葬儀社もある

生前予約とは、自分もしくは家族の葬儀を事前に申し込んでおくことです。

<生前予約のメリット>

  • 葬儀費用を把握できる
  • 万が一の時に備えることができるが、支払いは葬儀後でもOK
  • 葬儀直前に慌てずに済む
  • 自分だけでなく残される家族の負担軽減

葬儀社にもよりますが、生前予約ではその場で支払いが発生しないので、葬儀に向けて費用の準備をすることが可能です。

近年少子高齢化に伴い、「身寄りがいない」もしくは「葬儀費用が高額で負担になる」という人が増え、生前予約のニーズは高まっています。

予め葬儀社の比較をすることができ、直前になって慌てることもないので非常におすすめです。

故人の遺志を尊重する

遺族の中には、

  • 葬儀は家族だけで済ませたい
  • 葬儀はしたくない
  • 葬儀は盛大に行いたい

と考え、故人の遺志を無視して葬儀を行ってしまう場合もあります。

しかし、葬儀の主役はあくまで故人であり、残された人たちが故人と直接向かい合える最後の場でもあります。

故人がどのような葬儀を望んでいたのか、故人の性格や人柄をまえた上で遺志を尊重した葬儀を執り行いましょう。

【まとめ】後悔しない葬儀社の選び方は5つのポイントを押さえれば良い

数多くある葬儀社の中で、いかに予算や条件に合った葬儀社を見つけることができるかは非常に重要なことです。

<後悔しない葬儀社の選び方>

  1. 葬儀費用は明確か
  2. 故人や遺族の気持ちをくみ取ってくれるか
  3. 事前相談や見積もりに快く対応してくれるか
  4. 低予算でも嫌な顔をしないか
  5. 葬儀プラン内容に含まれるオプションは豊富か

人生の中で滅多に経験することがない葬儀だからこそ、後悔しない葬儀社を選び、気持ち良く式を執り行いたいですよね。

気になる葬儀社が見つかったらまずは一社にこだわらず数社から見積もりを貰い、費用などを比較した上で自分や家族にとって最良の葬儀社を選びましょう。

ABOUT ME
keito
keito
人生において幾度とない”死”、そして葬儀。大切な人との“最期”を後悔しないための情報を随時更新しています。他にも様々なジャンルの記事を執筆し、ライター歴は2019年現在で5年目を迎えました。「読む人が欲しい情報を、的確に」をモットーに、分かりやすい記事作りを心掛けています。
RELATED POST
葬儀社の口コミ・評判

「小さなお葬式」の口コミ・評判を徹底解説!頼んで失敗?満足してる?

2019年7月3日
【終活のてびき】後悔しない葬儀社の選び方とお葬式の費用まとめ
格安でお葬式ができるということで人気のある「小さなお葬式」。メディアで紹介されたこともあって、利用者は増えてきています。 満足のいく葬 …
葬儀の費用

小さなお葬式で家族葬を行う場合の費用は?より費用を安く抑える方法とは

2019年6月24日
【終活のてびき】後悔しない葬儀社の選び方とお葬式の費用まとめ
家族葬で人気な葬儀社の一つに「小さなお葬式」があります。「小さなお葬式」では、家族葬の他に一日葬や火葬式、一般葬などを取り扱っており、料金設 …
葬儀社の口コミ・評判

葬儀コンシェルの評判と口コミを徹底調査!信頼できる葬儀社の見つけ方

2019年6月19日
【終活のてびき】後悔しない葬儀社の選び方とお葬式の費用まとめ
「葬儀コンシェル」は2017年3月に設立された、比較的新しい葬儀会社です。そのためまだ評判や口コミ情報がそんなに多くありません。しかし一方で …