葬儀・葬式の基礎知識

葬式・葬儀って何が違うの?もしもに備えて知りたい!お葬式の基礎知識

お葬式と聞いたら、あなたは何を思い浮かべますか?

愛する家族にもしもの事があったとしたら、まずお葬式はどうしたらいいのかを考える事でしょう。

でも、葬式や葬儀という言葉は知っていても、実際には何のことを指しているのかよくわかりませんよね。

そもそも、葬式と葬儀とは違う意味なのでしょうか?

お葬式に出た事があるなしにかかわらず、お葬式について知りたいという方は多くいらっしゃる事でしょう。

 

ここでは、お葬式の意味をはじめ、葬儀の種類や一般的な葬儀の流れなどについてもお伝えしていきます。

「葬式」と「葬儀」の意味

まず、「葬式」と「葬儀」について、広辞苑で意味を調べてみましょう。

 

「葬式」⇒ 死者をほうむる儀式。葬儀。

「葬儀」⇒ 死者をほうむる儀式。葬礼。葬式。「―に参列する」

このようにほとんど同義であるため、私たちは混同して理解しているかもしれません。でも、実は明確な違いがあるのです。もう少し詳しく見ていきましょう。

葬式とは? 宗教、無宗教を問わず使える言葉

直接的な意味では、火葬前後に行われる儀式と考えられます。

日本では、古来仏式のお葬式が営まれてきました。お葬式に参列したことのある方なら覚えておられると思いますが、司会者は式の初めに「これより、故○○○の葬儀ならびに告別式を執り行います」と開会の挨拶をします。

「葬儀ならびに告別式」という言い方を、仏式を例にあげて具体的に見ていくと次のように考えられます。

 

  • 僧侶がお経をあげている間  ⇒「葬儀」(宗教儀式)
  • 弔辞や弔電が読まれている間+参列者が焼香している間  ⇒「 告別式」(無宗教儀式)

 

このような宗教儀式である「葬儀」と無宗教儀式である「告別式」を合わせたものを、一般的には「葬式」と言います。

 葬儀とは? 2つの意味がある

一般的に、葬儀とは僧侶がお経をあげている間の儀式である宗教儀式を指します。

宗教儀式を指す言葉として用いられることが多いのですが、もう一つの意味合いもあります。

それは、葬式用語として考えた場合です。故人の看取りから始まり、納棺、通夜、葬儀、告別式、火葬、納骨、四十九日までの喪に服す期間である葬送儀礼の略称としても用いられるのです。

 

広い意味では、故人を弔う儀式の全体を指すというわけですね。

「葬式」と「葬儀」は類義語

広辞苑で調べた意味からも分かる通り、「葬式」と「葬儀」は類義語です。どちらも、死者を葬る儀式のことを指します。

実際にお葬式に参列しているときに、この2つの言葉の意味合いにとらわれることはあまりないかもしれません。

大切なのは、死者を弔う気持ちではないでしょうか?

葬儀にはどんな種類があるか?

では、次に葬儀にはどんな種類があるのか見ていきましょう。

一般葬について

一般葬とは、現代社会でもポピュラーな伝統的な葬儀です。あとで述べる家族葬のように、会葬者を身内に限ることはしません。故人と遺族そして親交のあった方々にも広くお知らせして、葬儀に参列していただきます。

一般葬にかかる費用の全国平均は、¥903,332で、最も多い価格帯は50万円台です。(調べ:葬儀レビ)

 

葬儀社が一般葬という場合は、概ね300人以下の会葬予定者の規模の葬儀を指しており、大抵の斎場で対応可能です。会葬者が100名を超える時には、通常は駐車場にテントを張り、受付スペースを設けることになります。

具体例をみていきましょう。

 

(例1)

 総額:¥904,000

 会葬者80名、一般斎場、無宗教、自宅以外に安置

 経費内容:祭壇、火葬・骨壷代、写真代、遺体保護処置料(5日分)、焼香・受付、立看板、会葬礼状(100枚)、式場使用料、後飾り祭壇、司会・進行・諸経費、寝台車(含むシーツ代)、霊柩車、生花(7基)、料理式、飲物、火葬場休憩室、貸し布団、返礼品(@210×80)、心づけ  

 

(例2)

総額: ¥1,025,640

規模:会葬者140名、一般斎場、仏教、ラストメイクを追加

経費内容:祭壇、専任スタッフ費用、枕飾り一式、吸水シーツ、ドライアイス、布 団一式、納棺儀式代、遺影写真、位牌、生花アレンジ、祭壇供物、受付、司会・進行、焼香設備、後飾り祭壇、役所手続き、会葬礼状(150枚)、会葬品(@500×140)、即日返し(@2,000×107) 料理・飲物、寝台車(自宅~霊安室/霊安室~斎場)、霊柩車、ドライアイス追加(3回)、ラストメイク

 

(例3)

総額: ¥2,082,300

規模:会葬者405名、一般斎場、無宗教、参列者多く追加費用発生

経費内容:祭壇、お棺、人件費(スタッフ、司会)、遺影写真、正面看板、受付焼香道具(100名)、枕飾り、後飾り(自宅)、ドライアイス(2回)、役所手続代行、寝台車搬送、霊柩車、骨壺、会葬礼状(100枚)、位牌、式場運営、料理、返礼品、納棺儀式、火葬費用(市営火葬場)、安置料(3日)、受付焼香追加、会葬御礼追加、返礼品追加、式場使用、ドライアイス(3日)、看板、マイクロバス(24名)、香典返し、供花(2基)、献花(100名)、思い出コーナー

(例はすべて葬儀レビ調べ)

社葬・合同葬について

社葬とは、一法人(企業)が施主(主に葬儀にかかる費用を負担する)となり、会社によって営まれる葬儀を指します。

合同葬は、故人の葬儀と法人としての葬儀を一体化させて合同に執行する葬儀の形です。

どちらも、会葬者の多い大規模な葬儀となり、会社の取引先の代表者などが参列することが多くなります。

社葬にかかる費用は、参列者の数や規模によって大きく変わってきます。また、社葬を行う会場は、寺院やホテルなどになります。

 

社葬の費用のおおよその目安は次の通りです。

  • 参列者300名:¥3,000,000~¥9,000,000
  • 参列者900名:¥5,000,000~¥10,000,000
  • 参列者1,000名:¥15,000,000~¥30,000,000

(調べ:終活ねっと)

 

社葬の費用は企業側とご遺族側が支払うものとに分けられます。

企業側:飲食費用、葬儀一式費用、お布施

遺族側:香典返し費用、戒名料、墓地や仏壇の購入費用

家族葬について

家族葬は親戚やごく親しい方に限定した、小規模・少人数で営む葬儀を指します。小規模・少人数の人数は、だいたい20~30名とされています。

近年では、家族葬が首都圏の葬儀の約60%を占めるとのデータもあります。

 

家族葬にかかる費用の全国平均は、¥579,489で、最も多い価格帯は40万円台です。安いものでは10万台からあり、上は140万台と幅広くなりますが、一般葬に比べて費用は抑えることができます。(調べ:葬儀レビ)

 

家族葬をあげるメリットしては、参列者を家族や親戚そして親しい友人に絞っている分、身内だけでゆっくりと故人を偲び、静かにお見送りすることができます。また、一般的な葬儀の形(通夜、告別式、火葬)をとるものの、参列者の人数が少ない分、費用を低く抑えることができます。

一方でデメリットとしては、もし故人に人脈や人徳があった場合には、葬儀後に自宅に弔問客が次から次へと訪れる可能性もあります。また、参列者を絞ったことにより、あとから「呼んでほしかったのに」といったようなクレームが来ることもあります。

密葬について

密葬は、遺族や親族を中心として故人をよく知る人だけで集って行う葬儀の事です。遺族や親族以外にも、故人と親しかった人が参列することができます。

先に述べた家族葬は、密葬が名を変えたものともいわれています。

密葬を営む斎場としてよく使われるのは、自宅や故人の菩提寺ならびに寺院斎場です。特に、自死による場合は、菩提寺(檀家となっている寺)の本堂や寺院斎場が選ばれることが多いです。

 

直葬について

直葬は、通夜、葬儀・告別式を一切行わずに、故人のご遺体を直接火葬場へ運んで火葬と収骨をする葬送方法です。僧侶や牧師などの宗教者を招いて、火葬炉の前で簡単なお別れの儀式をしてもらうこともできます。

直葬にかかる費用の全国平均は、¥190167で、最も多い価格帯は10万円台です。直葬のほとんどが10万~20万円台となり、一般葬や家族葬に比べても、断然と費用を抑えることができます。(調べ:葬儀レビ)

 

地域別の費用もみていきましょう。

  • 東京都:10~20万円
  • 京都・札幌市:5~15万円
  • 神戸市:5~20万円
  • 福岡市:10~30万円

(調べ:葬儀レビ)

 

直葬を執り行う場合、費用を大幅に抑えることができるのが、最大のメリットです。故人が高齢で、身内以外に呼べる人がいない場合は、ごく簡素にそして静かにお見送りすることができます。

また、デメリットとしては、お別れの時間を十分に取れないため、あとで後悔をされる方がいることです。お通夜や告別式といった儀式を一切行いませんから、きちんとお見送りをしたい人には不向きといえるでしょう。さらに、宗教者の理解が得られない場合、菩提寺からお墓への納骨を拒否されることもあり、費用が大きくかかってくるのもデメリットの一つです。

自由葬について

音楽葬に代表されるように、伝統的な形式にとらわれない葬儀の形です。遺族や親族、友人などの思いを反映させた自由なスタイルと演出で行われます。

音楽葬は近年希望が多くあり、音楽を中心とした式次第ですすめ、故人が生前好きだった楽曲などを生演奏したりCDで流しながらお別れをします。

最近の斎場では「音響不可」というところが増えています。そのため、斎場は慎重に選ぶ必要があります。

 

宗教葬について

葬儀は宗教とは切り離しにくいといわれています。お葬式の多くは宗教者が主導して宗教儀式として執り行われます。宗教が違えば、当然葬儀のスタイルや手順が違ってきます。同じ宗教でも、宗派によって細かい作法が違ってきます。

日本では、大多数の人が特定の宗教や宗派へ帰依したり、信仰の意識をもっていません。しかしながら、特定の宗教や宗派への帰依・信仰意識にかかわらず、私たちの生活には宗教と深く結びついている文化や習慣がたくさんあるのです。

一例を取ってみると、日曜日が休日なのはキリスト教からの文化です。また、春分の日や秋分の日は仏教の彼岸会と重なります。8月のお盆休みは、盂蘭盆会(うらぼんえ)の仏事がおこなわれる時期です。

このように、葬儀を考える時には宗教のことも忘れてはならないといえそうです。

無宗教葬について

無宗教葬は、近年話題になっている葬儀です。特定の宗教や宗旨宗派の葬儀方法をとりません。また伝統的な作法も関係ありません。宗教者による葬祭行為は一切ない自由な形式と式次第で故人とのお別れをします。

いわゆる無宗教葬の割合は、葬儀全体の1%に過ぎないといわれています。しかし、現代の日本では無宗教の人が大多数ですので、今後増えていくことは十分考えられます。

大切な家族を送るのに最善な葬儀を選びたい

ここからは、大切な家族にもしものことがあったときに備えてみていきましょう。

故人の信仰が最優先

葬儀は宗教と切り離しにくく、お葬式の多くは宗教者が主導する宗教儀式として行われます。

葬儀を行うときには、まず故人の信仰や喪家が属している宗教・宗派を知る必要があります。それを怠ると、大変なことになりかねません。たとえば、仏教式の葬儀の場合に、菩提寺があるにもかかわらず、その寺とは違う宗旨や宗派で葬儀を行ってしまったとします。菩提寺のお墓に入れない事や本来の宗旨宗派で再度葬儀をしなければならないケースが発生することもあるのです。

 

葬儀をしなければならないい時には、まず故人や自分の家の宗教や宗派を確認しましょう!

一般的な葬儀(仏式)の流れ

葬儀といった場合、多くの方はお通夜からお葬式・告別式までと思っておられるでしょう。でも、葬儀を行うご遺族にとっては、それだけではないのです。

一般的な仏式での手順は、次のようになります。

ご臨終(病院/自宅)

 ご遺体の搬送

枕飾り・葬儀打ち合わせ・納棺

お通夜

出棺

火葬・骨上げ

遺骨の埋葬葬儀・告別式と法要

葬儀後の手続きなど

まとめ

今回は、「葬式」と「葬儀」の意味の違いから、具体的な葬儀の種類や一般的な仏式での葬儀の流れについてお伝えしました。

葬式と葬儀の定義に大きな違いがないことは、おわかりいただけたでしょうか?

大切な家族にもしものことがあった時、あわてずにこころを落ち着けるのは大変なことですよね。誰もが知っているようでも、意外と知らないお葬式の基礎知識。今からその日に備えて、お葬式の基礎知識を習得して、こころの準備ができることを願っています。