葬儀の費用

葬式に贈る生花(供花)の相場は?生花の種類と贈るときのマナーについて

お葬式に参列したとき、生花がよく飾られていますよね。

この生花は供花(「きょうか」または「くげ」)といって、お悔やみの気持ちを示すため、また、故人の霊を慰めるために、故人の親族や生前に親しかった人から贈られるものです。やむを得ず葬式に参加できない方がお気持ちの代わりとして贈る場合もありますし、葬式に参加する親族が式場や祭壇をお花で飾る目的で贈ることもあります。

 

お葬式で飾られる生花(供花)の相場はどれくらいなのでしょうか?

供花を贈るときに知っておくべきマナーと供花の手配方法も一緒に解説していきます。

葬式の生花(供花)の相場はどれくらい?

葬式で使用される生花とは、多くの場合は供花を指しています。

その為、ここでは主に生花を使用する供花の相場についてまとめています。

葬式の供花(供花)の相場

供花の相場は一基7,500〜15,000円です。一基(いっき)というのは、供花を数える単位です。供花は祭壇の両側に飾ることもあり、一対にして送る場合はその倍の15,000〜30,000円となります。もっとも多い価格帯は一対で20,000円のものです。供花にはスタンドタイプとかごタイプのものがあります。どちらのタイプにするかは、葬式を行う葬儀社に相談して決めると良いでしょう。

 

かつては一対で供花を飾るのが風習だったのですが、近年では特に決まりはなく、一基にするか一対にするかは、葬儀場のスペースやご自身の予算、ご遺族の希望に合わせて決めます。供花の代金の支払いは、参列した場合では葬儀社に直接支払うこともありますし、後日振り込む場合もあります。

葬式で使用されるその他の生花とその相場>

供花以外にお葬式で使用される生花には、枕花・献花があります。

<枕花の相場>

枕花は、故人と親しかった知人や親族が、枕元に添える花のことをいいます。枕花は通夜の前から飾るものです。枕花の相場は10,000〜30,000円で、10,000円が最も一般的です。

<献花の相場>

献花は一人ひとりが1本ずつ花を捧げる行為を指します。キリスト教のお葬式や自由葬で行われ、お焼香の代わりになるものです。献花の場合は、お葬式を開く喪主側が花を用意しますが、相場は10,000〜26,000円程度で(一本あたり260円など)、価格は葬儀参列者の人数によって変わります。

<メモ:献花料について>

献花に関連して、キリスト教の葬式のときに香典の代わりに渡す献花料というのがあります。キリスト教式のお葬式では献花費として「御花料」を渡すのが一般的で、その相場は香典と同じくらいです。例えば、両親のときで10万円、祖父母は1〜3万円、職場の同僚や友人・知人の場合は5,000〜10,000円です。

葬式で贈られる生花はどのような花か?

お葬式で贈られる生花の種類は宗教や地域によって異なります。したがって、生花を贈る場合には前もって宗派や地域の事情を確認しておくと良いでしょう。ここではお葬式で贈られる生花の種類や地域・宗派による違いについて解説します。

お葬式では白を基調としたお花を贈るのが一般的

仏式のお葬式では菊・ラン・百合・胡蝶蘭など、白を基調としたお花を贈るのが一般的です。神道でも仏式と同じように白い菊や百合が選ばれます。

一方、キリスト教のお葬式では必ず生花で、花の種類としては百合・カーネーションが選ばれています。百合は花粉を除くため、おしべを取ってから使用します。

供花と花綸の違い

お葬式では供花が送られることが多いですが、地域によっては供花に加えて花綸を飾ります。花綸は生花ではなく、造花であることが多いです。また、供花は祭壇近くに飾られますが、花綸はたいてい式場の入口近くに飾られます。花綸の送り主としては、団体(故人の生前の勤務先、取引先の企業など)から贈られるケースが多くあります。

 

花綸は特に大きいので、葬儀会場のスペースが十分であるかどうかをあらかじめ確認しましょう。また、供花の場合と同様に葬式を行う葬儀社を通して注文するのが良いでしょう。

キリスト教の葬儀では造花はNG

キリスト教のお葬式では造花はNGなので、花綸を送ることはできません。たとえ生花の花綸であってもキリスト教のお葬式では花綸を贈る風習はないので控えましょう。また、スタンド花よりは、籠にいれたお花(バスケットフラワー)を送るのが一般的です。カトリックのお葬式の場合や知人関係者が送る場合は故人の自宅へ贈ります。もし葬儀が開かれる教会へ直接送る場合は教会への事前の確認が必要です。また、仏式と違い、お花に名札をつけないのがマナーです。

 

欧米では親戚が贈る、十字架の形のフラワーアレンジメント「クロス」や親しい友人や親族が贈るハート型のフラワーアレンジメント「ハート」がありますが、日本での取扱いは少ないようです。

地域による習慣の違い

地域によっても供花にまつわる風習が異なることがあります。例えば、

<地域別情報>

  • 京都府や大阪府では供花として常緑樹の樒(しきみ)を飾る風習がある
  • 九州地方の一部では提灯を飾る場合もある
  • 北海道の一部の地域では供花の代わりに「供花紙」を利用する地域がある

したがって、該当地域付近で葬儀が執り行われる場合は、事前に確認しておくことをおすすめします。

供花を贈るときのマナーは?気をつけるべきポイント

供花を贈るときに気をつけるべきポイントがいくつかありますので、解説していきます。

供花を贈る場合は前もって遺族の了承を得るのが基本

供花を贈る場合は、あらかじめ遺族の了承を得る必要があります。葬儀場のスペースの問題もありますし、事情により遺族が供花をお断りしている場合もあります。お断りする理由はいくつかあり、

  • お葬式に参加する人の負担を軽減
  • 遺族がお返しの準備をする負担を軽減
  • 故人の遺志

など、さまざな理由が考えられます。断られた場合でもあまり気を悪くせず、遺族側の判断に従うのが良いと思います。

供花をもらった遺族側のお礼はどうすればいいの?

供花は基本的にお返しが要らない場合が多いですが、もしお返しする場合の相場は頂いた供花の3分の1〜半額程度の額が相場です。

もし香典を頂いた場合は、香典と供花を合わせた額の3分の1〜半額程度が相場の額となります。お返しの品物は食べ物や石鹸やタオルなどの日用品のような、後に残らないもの、いわゆる「消え物」が良いです。

 

香典返しは地域によって当日に渡す風習の地域と、忌明けに渡す風習の地域がありますので、お葬式が開かれる地域の風習をあらかじめ確認しておきましょう。当日に香典返しを渡す地域で、多めの香典を頂いた場合は、後日に多く頂いた差額分のお返しの品をお渡しすると良いでしょう。

贈るタイミングは通夜が始まる数時間前がベスト

供花を贈るタイミングが早すぎると「準備していた」と思われる可能性があるので、よくありません。逆に通夜開始前ギリギリだと準備が慌ただしくなることもあるので、ある程度余裕が必要です。したがって、お花を贈るタイミングは遅すぎず早すぎずがいいのです。理想としては通夜当日の午前中〜通夜が始まる数時間前を目指すといいでしょう。

個人で送る場合と連名で送る場合

仏式の供花には札名をつけます。ここでは、まとめて供花を出す場合の札名の書き方について解説します。故人との関係が親密な人の供花ほど、故人の近くに飾りますので、札名には故人との関係性がはっきり分かるように書くのがマナーです。

<個人で出す場合>

個人で供花を出す場合は名前のみをフルネームで記入すればよいです。

<会社で出す場合>

供花を会社で出す場合は、例えば、株式会社〇〇 △△部一同(会社名と部署名は正式名称で)などと書きます。連名で出す場合は立場が上の人の名前から書きます。役職がある場合、名前の前に書きます。

<親戚で出す場合>/h4>
親戚で連名で供花を出すときの札名の書き方の例としては、「〇〇家」の後に「子供一同」、「孫一同」、「親戚一同」、「兄弟一同」などと書いて贈ります。兄弟は長男から名前を書きます。

<友人で出す場合>

友人でまとめて供花を出す場合は、多くても8名くらいまでであれば、連名で全員の名前を書くことができますが(順番にルールはない)、大人数で贈る場合は「友人一同」としましょう。

供花(生花)の贈り方

供花の贈り方には大きく分けて2つの方法があります。

  • 手配方法1:葬式を開く葬儀社に連絡する
  • 手配方法2:葬儀社と直接やり取りして供花を手配するネット業者に依頼する

ここではその2つの方法について解説します。

手配方法1:葬式を開く葬儀社に連絡する

供花を送る場合は、まずお葬式を開く葬儀社に連絡するのが一般的です。葬儀社に依頼すれば、その地域の風習や葬式の宗派に適した供花を手配してもらえるので、間違いないです。

手配方法2:葬儀社と直接やり取りして供花を手配するネット業者に依頼する

最近ではインターネットでも供花の手配が可能です。葬儀社と直接やり取りして、供花を手配します。注意するポイントとしては、その業者がお葬式が開かれる地域に対応していないと利用できないということです。

ネットの業者に依頼する場合は

  • 葬式が開かれる葬儀社と直接やり取りして、その葬式に合った供花を贈る業者であるかどうか
  • お葬式が開かれる地域に対応している業者であるかどうか

を確認する必要があります。

【まとめ】葬式に贈る生花(供花)の相場

最後にまとめます。

  • 供花の相場は一基で7,500〜15,000円、一対で倍の15,000〜30,000円。最も多い価格帯は一対で20,000円のものです。
  • お葬式で使用される生花には、他に枕花や献花があります。
  • 仏式のお葬式で利用される生花は、白い菊や百合が多く、キリスト教のお葬式では必ず生花で、白いカーネーションや百合が多いです。
  • 地域によっては供花に加えて花綸を飾ることがあります。
  • 地域の風習や葬儀の宗派をあらかじめ確認し、ふさわしい供花を贈りましょう。
  • 供花を届けるタイミングは早すぎても遅すぎてもだめで、通夜当日の午前中〜通夜開始数時間前に届くようにすると良いです。
  • 仏式の供花には札名をつけますが、故人との関係性がよく分かるように書きましょう。
  • 供花を贈る場合は、葬儀社に依頼するか、葬儀社と取り合うことのできるネット業者に注文しましょう。

いかがでしょうか。ぜひ今回ご紹介した内容を参考にしてみてください。

RELATED POST
葬儀の費用

葬儀にお坊さんを手配する2つの方法とは?費用や注意点を詳しく解説

2019年7月10日
【終活のてびき】後悔しない葬儀社の選び方とお葬式の費用まとめ
仏式葬儀を行うために必ず必要になってくるのが、お坊さんの手配です。 従来、葬儀にお坊さんを手配する方法は、菩提寺(付き合いのある寺)の …
葬儀の費用

自宅での葬儀を葬儀社に依頼できる?手続きや費用相場・葬儀社の選び方

2019年7月1日
【終活のてびき】後悔しない葬儀社の選び方とお葬式の費用まとめ
「家族みんなと過ごす家が大好きだった。だから自宅から旅立ちたい。」 別れを予想している、あるいは別れが急なものであっても、故人の気持ちを尊 …
no image 葬儀の費用

葬儀費用が払えない!補助金が出る?葬儀ローン?解決策を一挙紹介!

2019年7月11日
【終活のてびき】後悔しない葬儀社の選び方とお葬式の費用まとめ
ある日突然喪主あるいは喪主に近い立場となり、急遽葬儀を執り行わなければならなくなった場合、あなたならどうしますか? 葬儀費用は非常に高 …