喪服/礼服

喪服の袖シースルーでも大丈夫?シフォン生地の着用マナー

暑い夏、通年用の喪服で葬儀に参列するのは大変ですが、袖に透け感があるシースルーの喪服を着ても大丈夫なのか悩みますよね。

最近では夏用の喪服として袖に透け感のあるシースルーの喪服や結婚式、卒業式でも着回しが出来るレースを使った喪服が数多く販売されています。

シースルー袖の喪服を着てもマナー的に大丈夫か、着用する時の注意点や、袖の長さのマナーについて確認しましょう。

夏の喪服袖がシースルーでも大丈夫?

結論から言うと、夏の喪服袖がシースルーでも大丈夫です。

ただし、お葬式で袖がシースルーの喪服を控えた方がいい立場や、シースルーを着用する時でも押さえておくべきマナーがあるので詳しく解説していきます。

マナーを確認して、暑い夏も身体に負担のかからない喪服で参列しましょう。

喪服シフォン

シフォンとは薄手で柔らかい生地のことです。

シフォン生地で作られた透け感のある服をシースルーと呼び、見た目に清涼感を与えるファッションですね。

最近の夏は暑く、通年用の喪服で葬儀に参列すると熱中症になる恐れがあることから、様々なシースルーの喪服が販売されています。

袖がシフォン生地の喪服やレースを使用した喪服は、結婚式や卒業式など着回し力も抜群です。

マナーを知って上手に利用していきましょう。

肌が透け過ぎない

喪服着用時は、露出は最小限にすることがマナーです。

夏用の喪服袖がシースルー(シフォン生地)の場合でも、肌の色が透け過ぎない物を選びましょう。

シースルーの喪服の色

シースルーの透ける素材は色が分かりやすく、紺色やグレーを選ぶと目立ってしまうことがあります。

喪服の場合は、やはりシースルーでも黒色を選んだ方が良いでしょう。

シースルーの袖の長さ

袖丈は5分丈~7分丈ぐらい、肘が出ない長さを選びましょう。

どんなに暑くても半袖はマナー違反になるので、控えた方がいいですね。

通年用が着られる時期は着ない

現在では夏用・冬用の喪服など季節に合わせたブラックフォーマルが販売されていますね。しかし、地域によっては夏場も熱中症になる程気温が上がらない土地もあります。

通年用の喪服が着られる時期は、通年用の喪服で参列しましょう。

ジャケットは持参する

シースルー袖の喪服を着用出来るのは、準喪服、略喪服の場合のみです。

喪主、喪主の親族で正喪服の着用が求められる立場の場合、中に着るワンピースの袖がシースルーでも問題はありませんが、ジャケットの着用が必須です。

一般参列者の場合は準喪服で参列することになりますので、袖がシースルーでも問題はありませんが、冷房が効きすぎることもありますし、屋内で行われる葬儀の間はジャケットを着用した方が良いでしょう。

喪服の袖の長さ

喪服の袖の長さは参列する立場により異なります。

喪主か喪主の親族が着用する正喪服と一般参列者が着用する準喪服に分けて確認していきましょう。

正喪服(喪主、喪主の親族)

正喪服の場合、袖の長さは手首の長さ、ジャケットの着用は必須です。

ジャケットの着用が必須なので、中に着るワンピースの袖がシースルーでも問題はありません。

控室などでは親族に確認をした上で、ジャケットを脱ぐことも可能です。

葬儀の間はジャケットを着用するようにしましょう。

準喪服(一般参列者)

準喪服の場合、袖の長さは7分丈ぐらいが一般的ですが、夏は5分丈~7分丈ぐらいでも良いでしょう。

シフォンを使ったシースルーの喪服を着用してかまいませんが、葬儀場では冷房が効いていて寒く感じることもあります。

ジャケットは必ず持参するようにしましょう。

華美でなければレースを使用した喪服でも大丈夫です。

まとめ

準喪服、略喪服で参列する時は、袖がシースルーになっている喪服を着用しても良い。

正喪服で参列する場合、中に着るワンピースの袖がシースルーになっていても、上からジャケットを着用するので問題ない。

ただし、色は黒、透け過ぎない物を選び、通年用の喪服が着られる時期の着用は避けましょう。

喪服の袖の長さは参列する立場によって異なります。

喪主や喪主の親族が着用する正喪服の場合は、手首が隠れるぐらいの長さが目安です。

ただし、ジャケットの着用が必須になりますので、中のワンピースがシフォン生地のシースルーでも7分丈でも問題はありません。

一般参列者が着用する準喪服の場合は、7分丈ぐらいの長さが目安です。

夏は5分丈~7分丈でも良いでしょう。

袖がシースルーのワンピースや華美でなければレースを使用した喪服を着用しても問題はありません。

冷房で冷え過ぎることもあるので、ジャケットは持参しましょう。

シフォン生地のシースルーワンピースは見た目にも清涼感があり、夏の結婚式などでも着回し出来ます。

熱中症が心配な夏ですが、身体に負担のかからない喪服で参列しましょう。

\総合売れ筋ランキング1位/