トレンド

セカンドパートナーとは?男性心理は肉体関係なしで長続きする?

セカンドパートナーとは?男性心理やキス・肉体関係なしに長続きするのか?

「セカンドパートナーとは?男性心理や肉体関係なしに男女関係が長続きするのか?」についてまとめています。

最近、セカンドパートナーという言葉を聞いたりしますが皆さんは知っていますか?

セカンドパートナーという言葉をイメージすると、不倫のような関係想像される方もいらっしゃるかと思います。

セカンドパートナーとは不倫のような関係なのでしょうか?

そして、セカンドパートナーを求める男性心理はどのようなものでしょうか?

実際に、セカンドパートナーとは一体どのような関係で、またセカンドパートナーを求める男性心理につい調べてみました!

セカンドパートナーとは

セカンドパートナーとは一体どのような関係をいい、またセカンドパートナーと不倫との違いはどうでしょうか?

気になる方もいるのではないでしょうか?

まず、セカンドパートナーがどのようなもので、不倫との違いなどを比較しながら書いていきたいと思います。

不倫との違い

セカンドパートナーと不倫は一体どのように違うのでしょうか?

私はセカンドパートナーと不倫は言い方が違うくらいだろうなだと思いましたが違いました。

実は、セカンドパートナーが不倫と違う理由として肉体関係がないという事です。

肉体関係(キスを含む)がなく、プラトニックな関係をさします。

一緒に出かけたり、食事をするのようでそこに多少恋心があるとのことだそうです。

正直、ちょっとの違いで呼び方が変わるなんて意外でした。

学生時代のカップルみたいなみたいで微笑ましいものがありますね!

独身男性NGな理由

なぜ独身の男性はだめなのでしょうか?

NGではないのですが傾向として既婚者が多いのです。

なぜなら、既婚者が仕事をしているときや家に帰っても男としてみられないという方が多いからです。

男としての見られる居場所が欲しかったり男として頼られたり、恋をしているようなトキメキが欲しいという理由からセカンドパートナーを作ることが多いということです。

いつまでたっても、男として頼られたり、ドキドキしていたいと思う気持ちなんとなくわかります。

やはり、いつまでも男でありたいのでしょうね。

独身男性とのセカンドパートナーって?

女性が既婚者で独身男性に対してのセカンドパートナーのパターンもあります。

女性の場合キャリアウーマンだったり、専業主婦などが多くどちらも心の隙間を埋めて欲しい人が多くセカンドパートナーを求めているようですね。

ただし、相手が独身男性の場合既婚者の女性が寂しさからセカンドパートナーの男性に乗り換えてしまうケースもあります。

女性の方が男性より寂しさを埋めて欲しい人が多いのかもしれないですね。

おまけに、既婚女性で独身男性がセカンドパートナーの場合は離婚率も高くなってしまうのも否めません。

女性に関しては、割り切れないのでしょうかね?

セカンドパートナーを求める男性心理

セカンドパートナーの男性心理

セカンドパートナーを求める男性心理どのようなものでしょうか?

色々調べてみると、性別を超えた友達だからこそ話せる話や奥さんや家族に見せれない甘えなどをだせる所がほしいためセカンドパートナーを求めてしまうそうです。

セカンドパートナーがいることによって満たされない気持ちを満たすのが目的です。

やはり、仕事で忙しかったり家族の大黒柱など常にプレッシャーを抱える男性にとって心のよりどころや癒やしを求めるのかもしれません。

人間頑張るとどこかで、息抜きが欲しくなりますよね?

そんなセカンドパートナーを求める男性心理をもう少し詳しく見ていきましょう。

心のよりどころ

セカンドパートナーを求める男性は多少なりとも癒やしを求めている方が圧倒的に多いです。

家族の前であったり、部下の前であったり男性は甘えたり弱い所を見せる事ができない場面が多いと思われます。

そこで、甘えられる相手をセカンドパートナーに求める男性が多いのが現実。

甘えたり弱みを見せれる相手を見つける事によって、心のよりどころや安心感を得れることがあると思います。

プライドが高い人は周りの人間に弱い所なんて見せれないようで、そのような方は特にセカンドパートナーのような関係を求めがちです。

確かに、甘えられる存在って大切ですよね?

既婚者でも刺激が欲しい

既婚者が刺激が欲しいとはどのようなときでしょう?

人間毎日家と職場の往復だったり、毎日同じような生活を送っていると何か楽しみが欲しくなると思います。

毎日同じことのルーティーンですと刺激だったり楽しみが欲しくなりますよね?

そこで、セカンドパートナーいることで楽しみが出来て時間を共にすることにより、充実した時間が送れて心が満たされるようです。

セカンドパートナーがいると楽しみが増えて人生に潤いができそうですね。

男として頼りにされたい

セカンドパートナーを持つことによって男として自信を再確認できる。

例えば、家に帰っても家族(父親や夫)としてしか見られなかったりするとちょっと寂しくなりますよね。

そこでセカンドパートナーを作ることによって、女性に男として見られたり頼られる事ができるので男性として誇りが持てて自身が持てます。

なるほど、セカンドパートナーを作り男性として自身を持って男性としての自信が保てるでしょうね。

セカンドパートナーは長続きする?

セカンドパートナーは長続きする?

セカンドパートナーとの関係は長続きするのでしょうか?

私のイメージでは、別れられずずっと関係が続きそうなイメージがあります。

実際は長続きするのかどうなのか気になりますよね?

セカンドパートナーとの関係がどのくらい続く人が多いのか調べて見ました。

離婚する確率

離婚率を調べて見ましたが、正確なデーターが出ていませんでした。

色々調べていくと、セカンドパートナーがいることを奥さんに隠さない方もいるとの事がわかりました。

そのような方もいるらしく離婚までは至らないと思います。

奥さんは異性の友達として見ているようセカンドパートナーとの関係は長く続くそうです。

逆にセカンドパートナーがいることを隠したり、セカンドパートナーと体の関係を持ってしまった方々が離婚してしまうパターンが多いですね。

ですので、程よい距離感をセカンドパートナーと保ちながら接する事が需要だと思います。

セカンドパートナーとは?男性心理についてまとめ

皆さんいかがでしょうか?

セカンドパートナーという言葉は不倫に近いようなぎりぎりの関係で距離感をうまく保ちながら、付き合っていくちょっと不思議な新しい男女の間柄ですね。

セカンドパートナーを求める男性心理は人それぞれで、十人十色です。

セカンドパートナーを作る男性心理って男としての誇りや自身をキープさせたい方がほとんどでのようです。

あと、寂しい気持ちを埋めたかったり寂しさを満たしたり、お互いにで尊敬し合う関係を作る事で自分の自信を取り戻しているのでしょう。

プラトニックな関係であり、心と心の関係を大切にするが距離感をおいて接するというのも今っぽい関係ですよね?

セカンドパートナーという言葉が今後どこまで浸透していくのでしょうかね?