お墓・仏壇

小さなお葬式の永代供養サービス「OHAKO(おはこ)」とは?

皆さんは、最近多くのメディアで取り上げられて評判の小さなお葬式をご存知ですか?

小さなお葬式では、葬儀だけではなく納骨や法要の事まで親身に相談に乗ってくれます。

葬儀が無事に終わったあとは、納骨の事について考えることでしょう。一口に納骨といっても、実はいろいろな方法があります。

また近年では、先々お墓を継承する人がいないなどの理由で、永代供養を望む人も増えています。

ここでは、小さなお葬式の永代供養の評判、さらに小さなお葬式のほかで永代供養を紹介しているサイト情報もお伝えしていきます。

小さなお葬式とは?

まず、小さなお葬式とはどんな会社かみていきましょう。

▶︎▶︎小さなお葬式の公式サイトはこちら

小さなお葬式の基本情報

小さなお葬式は、株式会社ユニクエストが2009年に始めたweb葬儀サービスで、業界ではパイオニア的存在です。全国各地の葬儀社と提携し、低価格でも質のよいプランを提供することで、2018年3月末の葬儀実績累計が15万件以上と業界屈指の受注件数を誇っています。

小さなお葬式でできること

小さなお葬式には、5つの家族葬プランがあります。全国平均価格を徹底的に見直したうえで、どれも低価格でのプランとなっています。

プラン名 金額 プラン内容
小さなお別れ葬 ¥150,000 仏壇を省いた必要最小限のプラン
小さな火葬式 ¥198,000 式をせず火葬のみのプラン
小さな一日葬 ¥348,000 告別式のみを一日でするプラン
小さな家族葬 ¥498,000 通夜・告別式を小規模でするプラン
小さな一般葬 ¥648,000 一般的な葬儀を低価格でするプラン

小さなお葬式では、上記のお葬式だけではなく、仏壇・本位牌の販売サービスを請け負う「小さなお仏壇」、法事・法要の寺院手配サービスを提供する「てらくる」、香典の後返し商品が選べるオンラインストア、さらに永代供養などの納骨について様々なプランを用意する「OHAKO(おはこ)」のサービスがあります。

小さなお葬式の永代供養は「OHAKO(おはこ)」

それでは、小さなお葬式でできる永代供養について、みていきましょう。

\資料請求+アンケート回答で1万円引き/小さなお葬式の公式サイト

 

永代供養はとは?

まず、永代供養とは何かについて、簡単にみていきます。

永代供養とは、寺院、自治体などが続いている限り、遺骨を供養し、また管理するシステムです。供養や管理の仕方はそれぞれに任されており、決まった形は特にありません。供養という言葉からも分かる通り、宗教儀礼を伴います。

寺院などが続く限りという制限が付きますので、決して永遠に供養してもらえるというわけではありません。多くは、三十三回忌や五十回忌までといった期間を定めています。

小さなお葬式の永代供養「OHAKO(おはこ)」のサービス概要

小さなお葬式では、納骨先を探せる「OHAKO(おはこ)」というサービスを提供しています。パソコンで小さなお葬式のホームページの上部にある「納骨」のタブをクリックしてみましょう。すると、「OHAKO(おはこ)」のページが表示されます。

「OHAKO(おはこ)」では、納骨を次の6つのタイプに分けていることがわかります。

  • お墓
  • 納骨堂
  • 樹木葬
  • 永代供養
  • 海洋散骨
  • 自宅供養

つまり、小さなお葬式で永代供養をしたいときは、「OHAKO(おはこ)」のサービスを利用すればいいわけです。

小さなお葬式の永代供養「OHAKO(おはこ)」のメリット

では、実際に小さなお葬式を利用した方の口コミなどを参考に、「OHAKO(おはこ)」を利用する場合のメリットをみていきましょう。

低価格の料金設定

なんといっても、最安価格¥55,000~のプラン設定があることが最大のメリットといえるでしょう。永代供養の費用の相場は、永代供養の種類によっても異なり、安いものは5万円、高いものですと300万円までと幅広くなっています。

小さなお葬式プランを選択した場合、¥55,000以外の追加料金は発生しません。また、全国一律料金なのもありがたいですね。なお、納骨する際に四十九日、一周忌、三回忌といった法要を一緒に行う場合は、別途お布施が必要となります。

全国の寺院・霊園

「OHAKO(おはこ)」の永代供養サービスは、全国展開しているのも魅力の一つです。都道府県マップや自宅の最寄り駅などを入力して、納骨先を簡単に探すことができます。

個別安置と預骨

「OHAKO(おはこ)」の小さなお葬式プランを利用し、さらにオプションを追加すると、個別に安置してもらうことができます。追加料金は、一年ごとに¥15,000です。

以前は、小さなお葬式プランを選ぶと、自動的にはじめの2年間は個別安置をしてくれていました。しかし、寺院や霊園に個別安置するスペースが少なくなってきたことにより、2019年6月20日をもって、2年間の個別安置サービスはなくなりました。

2年間の個別安置サービスを実際に利用された方は、納骨先の住職さんから「2年以内にお墓を作っても構わない。家族でゆっくりと相談をして決めるように。」と助言されて、とてもよかったそうです。

2年間の個別安置サービスはなくなりましたが、永代供養を選んだあとにお墓を作りたいと思ったときに備えて、オプションがついているのはありがたいですね。

また、寺院や霊園によっては、預骨というサービスをしてくれるところもあります。納骨をするのではなく、一時的にお骨を預かってくれるサービスです。料金は、1年で1万のところもあれば、5年で3万といったところもあります。お墓を建てるまで、あるいはいずれお墓を移動するので、一時的に利用したい時などには便利なサービスと言えます。

預骨については、ホームページには記載がありません。実際に利用したい寺院や霊園が見つかったら、まず「OHAKO(おはこ)」に電話で問い合わせるとよいでしょう。すぐに預骨のサービスをしているかどうか調べてくれます。

生前契約

「OHAKO(おはこ)」の永代供養のサービスは、ご自身が元気なうちに生前契約をすることもできます。子どもがいないなどで、先々お墓を継承する人がいないとご心配な方には親切なサービスです。

▶︎▶︎小さなお葬式の公式サイトはこちら

その他

「OHAKO(おはこ)」の永代供養は、小さなお葬式でお葬式をあげた方のみが利用できるサービスではありません。他の業者でお葬式を行った場合にも利用することが可能です。また、すでにあるお墓から遺骨を移動したいという場合にも対応してくれます。

小さなお葬式の永代供養「OHAKO(おはこ)」のデメリット

次に、デメリットもみていきましょう。

近場の寺院や霊園

全国展開しているのが売りの小さなお葬式の永代供養「OHAKO(おはこ)」サービスですが、実際に利用した方の口コミによると、「近場に利用できるところがなくて困った」といった声が聞かれます。

試しに筆者の住んでいる地域から検索してみましたが、県内で32件がヒットしたものの、自宅近くには見当たりませんでした。また、最安価格の「小さなお葬式プラン」対応に至っては、県内にたったの2件しかなく残念な結果となりました。

宗派の違い

実際に、小さなお葬式の永代供養「OHAKO(おはこ)」を利用された方は、近場で見つかったにもかかわらず、宗派が違うことがネックにもなったようです。

高い永代供養先も紹介

小さなお葬式の永代供養「OHAKO(おはこ)」で紹介しているのは、すべてが「小さなお葬式プラン」に対応しているわけではありません。最安価格の¥55,000で永代供養ができるのは、あくまでも小さなお葬式と寺院や霊園が提携しているところだけとなります。必然的に¥55,000以上のところも紹介されているので、よく確認する必要があります。

デメリットの解決策

小さなお葬式の永代供養「OHAKO(おはこ)」には、OHAKOアドバイザーがついています。わからないことがあれば、無料で相談に乗ってくれます。対応時間は9:00~22:00で、土日祝日も営業しています。もし近場に条件の合う納骨先が見つからなかったとしても、まずは一度電話で問い合わせてみるといいでしょう。

小さなお葬式以外で永代供養をしたいときは

最後に、小さなお葬式で永代供養先が思うように見つからなかったときに、利用したいサイトをご紹介します。

全国永代供養墓ポータル

NPO法人の永代供養促進協会が運営する全国永代供養墓ポータルでは、永代供養に関するお墓・お寺・仏事のことについて無料で相談できます。

全国の永代供養ができる寺院や霊園を掲載しており、その数は620件と多数あります。(2019年7月3日現在)

筆者の住む県について調べてみたところ、小さなお葬式では32件しか見つからなかったのに対し、全国永代供養墓ポータルでは、60件と約2倍の寺院や霊園が掲載されていました。

霊園ごとに料金などについてもわかりやすく、また細かく書かれているので、とても参考になると思います。

\資料請求+アンケート回答で1万円引き/小さなお葬式の公式サイト

イオンライフ

イオンライフは、終活全般のシニア支援サービスを行う会社で、「イオンのお葬式」「イオンのペット葬」などを運営しています。

運営サービスの一つに「永代供養」もあり、全国38か所の寺院や霊園を紹介しています。掲載数は少ないですが、個別の情報がくわしくて大変わかりやすいのが特徴です。

イオンライフでの永代供養サービスを利用した際の料金の一例をみてみると、永代供養墓使用料ならびに芳名版込で、税込み¥51,600となっています。(注:「イオンのお葬式」を利用・生前予約をした場合)

ホームページから寺院や霊園の見学予約ができるのも、ありがたいサービスですね。

いいお墓

お墓ポータルサイトとして、全国8,132件のお墓を紹介してくれるのが、いいお墓です。いいお墓は鎌倉新書が運営しています。

永代供養墓については、1,051件の寺院や霊園を紹介しており、口コミ情報や交通アクセス情報なども詳細に掲載していて、大変親切です。

霊園の現地見学をすると、もれなく¥3,000のJCBギフトカードがプレゼントされるのもうれしいサービスですね。

永代供養墓のほかにも、特色やこだわりから探すことができ、「樹木葬」「ペットと一緒に入れる」「駅近・アクセス至便」「ガーデニング霊園」といった幅広いタイプのお墓に対応しています。

まとめ

以上、小さなお葬式の永代供養がどんなか、さらに小さなお葬式の永代供養サービスで納骨先が見つからなかったときにおすすめしたい、サイト情報についてもお伝えしてきました。

小さなお葬式の永代供養サービスは、低価格の料金設定をしており、小さなお葬式プランを利用すると全国一律料金となります。また、オプションをつけて個別安置サービスが受けられるのは、小さなお葬式だけです。

一時的にお骨を預かってくれる預骨サービスについては、ホームページには掲載されていません。小さなお葬式で永代供養を考える際には、まず電話で問い合わせてみるのが一番大切です。

小さなお葬式で、ぜひ理想の永代供養を実現させてください。

\資料請求+アンケート回答で1万円引き/小さなお葬式の公式サイト

ABOUT ME
Micky
Micky
長い人生の中で、一度は経験するであろう葬儀。はじめてで戸惑うことやお悩みもきっとあることでしょう。実父を見送った経験をふまえながら、葬儀のことについて、皆さんのお気持ちに寄り添いながら、わかりやすくお伝えしていきます。
RELATED POST
お墓・仏壇

葬式後には仏壇が必要?今のくらしに合う仏壇の選び方6つのポイント

2019年7月15日
【終活のてびき】後悔しない葬儀社の選び方とお葬式の費用まとめ
昔はどこの家にも合った仏壇ですが、最近では仏壇を持たない家が増えています。 核家族化によりマンションなどの狭い住宅が多くなったこと、宗教観 …
no image お墓・仏壇

小さなお葬式の海洋散骨ってどんなことができる?徹底的に解説!

2019年8月20日
【終活のてびき】後悔しない葬儀社の選び方とお葬式の費用まとめ
大切なご家族が亡くなられたときに、必ずやらなければならないご葬儀。それに加えて、葬儀後のことも悩みの種ですね。近年では、自分がどのように見送 …
樹木葬 お墓・仏壇

樹木葬のメリット・デメリット!トラブルを回避する3つのポイント

2019年7月30日
【終活のてびき】後悔しない葬儀社の選び方とお葬式の費用まとめ
以前は人は亡くなるとお墓に入るもの、と思われていました。 ところがそのような常識は少しずつ変わってきていて、今はもっと選択肢があり自由 …