トレンド

映画「ある男」ネタバレあらすじ!ロケ地の目撃情報は?

妻夫木聡と安藤サクラ主演の映画「ある男」が2022年秋に公開されます。

「愛したはずの夫はまったくの別人でした―――」

『マチネの終わりに』で知られる平野啓一郎さんの小説「ある男」を原作とする今作。

正体不明の人物の謎を追うストーリーで、タイトルの「ある男」は一体誰なのか結末が気になる方は多いでしょう。

この記事では、映画「ある男」のあらすじをネタバレありで解説していきます。

また妻夫木聡や安藤サクラ、窪田正孝など豪華キャストでの映画化ですので、「ある男」ロケ地がどこなのか気になっている方もいるはず。

目撃情報をもとに「ある男」のロケ地についても紹介していきます。

映画「ある男」ネタバレあらすじ

画像引用:映画「ある男」公式サイト

映画「ある男」のストーリーについて、あらすじとネタバレに分けて解説していきます。

映画「ある男」あらすじ

「愛したはずの夫はまったくの別人でした―――」

弁護士の城戸(妻夫木聡)は、かつて離婚裁判で弁護した里枝(安藤サクラ)から死別した夫(窪田正孝)の身元調査をしてほしいという奇妙な相談を受ける。

里枝は次男を病気で失った後に離婚、長男を連れて地元へ戻り家業を引き継ぐ。そこで谷口大祐と出会い、再婚し二人の間に生まれた長女と4人で幸せに暮らしていた。

しかしある日突然、林業従事者だった大祐が仕事中に事故死してしまう。

悲しみに暮れる中、長年疎遠になっていた大祐の兄・恭一が法要に訪れるが、遺影を見ると 「大祐じゃない」と衝撃の事実を告げる。愛したはずの夫は、名前もわからないまったくの別人だったのだ‥‥。

大祐として生きた「ある男」は、いったい誰だったのか。何故別人として生きていたのか。城戸は他人として生きた「ある男」の人生を追いかけていく。

「ある男」の正体を探すミステリー要素はもちろん、「愛」「過去」「血のつながり」をテーマとした哲学的な問いのあるヒューマンドラマとなっています。

映画「ある男」ネタバレ

ここからは「ある男」のネタバレになります!

知りたくない方は読まないようにしてください。

「ある男」が生まれた経緯には戸籍売買という闇のネットワークが関与していました。

里枝の夫であった「ある男」の正体は、一家惨殺放火事件を起こし死刑を執行された小林兼吉の息子、原誠であることが判明します。

幼い頃より、死刑囚の子供という負い目を背負わされ続けていた原。成人した後も殺人犯の息子というレッテルから逃げられず、他者として生きたいという願望を強く持ちます。

そこで戸籍売買ブローカーの小見浦憲男に依頼して、ヤクザの息子で同じく戸籍を変えたがっている曽根崎義彦と戸籍を交換します。

そのあと曽根崎となった原誠は、旅館の次男坊で実家と決別したがっていた谷口大祐と再び戸籍を交換します。

つまり「ある男」原誠は、1度目はヤクザの息子曽根崎と、2度目は旅館の息子谷口との戸籍交換を経て「谷口大祐」となったのでした。

他にも原誠になった曽根崎がホームレスの田代正蔵と戸籍を交換するなど、どんどん人物の名前が入れ替わるので少しややこしい話になっています。この辺りは映画で少しアレンジされるかもしれませんね。

「ある男」とは里枝の夫だった原だけでなく過去を捨てたがっていた曽根崎や谷口のことも指しているのかもしれません。

里枝は離婚を経て幼い子供を抱えながら夫を亡くし、さらに夫は戸籍上とは別人だったことを知るという不遇な境遇でありながら、城戸の報告を受けて夫の苦悩に同情します。

夫が殺人犯の息子であったことを知り、もしその事実を知っていたら結婚していたかどうか自問する里枝。「愛」と「過去」の関係について悩みます。それでも最後は家族4人で過ごした時間は紛れもなく幸せだったと言い切ります。

そんな心理描写が複雑な役どころを安藤サクラが演じます。里枝が長男に事実を打ち明けるシーンや愛について答えは出せないままも幸せだった日々を想うシーンを、「万引き家族」などで圧巻の演技を見せ続けている安藤サクラがいかに演じるのか非常に楽しみですね。

また映画「ある男」ではこのネタバレとは違った展開があるかも。

実写映画化にあたって原作と変わっているところも見どころの一つですね。

映画「ある男」ロケ地はどこ?

映画「ある男」のロケ地はどこなのでしょうか?

公式SNSと目撃情報から調査していきます!

公式SNSにあがっているロケ地付近の写真ですが、富士山の見える場所で行われているようですね。

林や吹き出しで宝永山は確認できませんが、富士山の山頂がフラットで吉田大沢のよう部分が見られるので山梨県方向からの眺めかと推測されます。

また奥にテントのようなものがたくさん見られるので、キャンプ場の近くだと思われます。いずれにせよ富士山の見える山中で撮影が行われているようです。

ロケ地は静岡だと推測してる方もいました。確かに公式SNSにあがっている写真と似ていますね。ただ公式のツイートには道の右側に木がありますが、下の写真には道の右側沿いに木がないので別の場所だと思われます。

横浜を舞台にしたストーリーなので、実写映画でも横浜での撮影は必須だろうと推測している方もいました!

残念ながらロケの目撃情報などは得られませんでしたが、実際に映画を見てロケ地が判明するかもしれません。

まとめ

この記事では、映画「ある男」をネタバレありであらすじ解説をしました。

「ある男」は戸籍売買によって過去を捨てたかった人々が生み出したミステリーで、正体不明の夫は死刑囚の息子、原誠でした。

「愛」「過去」「血のつながり」をテーマとした哲学的な問いもあるヒューマンドラマであり、夫の過去を知った妻の複雑な心境を安藤サクラがどう演じるのかが見どころです!

ロケ地については、恐らく山梨方向のキャンプ場近くの山中で行われたと思われますが具体的な場所はわかりませんでした。

また横浜を舞台としたお話なので、横浜での撮影が行われたと推測されます。ロケ地は実際に映画で見て確かめましょう。