葬儀・葬式の基礎知識

喪中のお正月、過ごし方はどうしたらいい?おせちや初詣は大丈夫?

家族や身内の方が亡くなってから一年間は喪中となり、その間に誰もが迎えるのが「お正月」

お正月は旧年の無事に過ごせたことと新しい年を迎えられることを喜び合ってお祝いする日本の伝統行事です。
しかし喪中の場合おは故人を偲んでなるべく派手な行動やお祝い事は控えるべきとされています。

この記事では、喪中のお正月過ごし方で、やってはいけないこと、やっても良いこととあわせて紹介します。

喪中の意味と期間

「喪中」とは、近親者が亡くなった際に一定の期間、死者を悼んで身を慎むことをいいます。
身を慎むということはどういうことかというと、慶事などの祝い事は派手なことをしないという意味です。

江戸時代などには喪に服す期間を法令で定められ、家の中でも喪服を来て人との交わりを避けたりもしていました。

現代ではそこまで徹底して行うことはなくなりましたが、その名残りは残っており、現在も目安として、父母が亡くなった場合は49日間までを忌中と考えて一周忌までを喪中とされることが多くなっています。

喪中はいつまで?何がダメで何がOK?喪中ハガキのマナーもご紹介身近な人が亡くなると、悲しみを乗り越えて普段の日常生活へ立ち返る節目にと、ある一定の期間、死を悼(いた)み、身を慎むために喪に服すことが...

喪中のお正月の過ごし方でやってはいけないことは?

「喪中のお正月に年賀状を送るのは控える」ということはよく耳にしますが、その他に喪中のお正月に控えるべきことは何なのでしょうか。

本来お正月というものは、その年の豊穣(ほうじょう)を司る歳神様(としがみさま)をお迎えするお祝いの行事です。

現代ではその意味は薄れ、形式的に行う人がほとんどですが、本来の意味である「お祝い事」ということを踏まえると、喪中の場合は派手にお祝いをすることは控えなくてはなりません

しかし、喪中だからすべての人がお正月に新年のお祝いをしてはいけない というわけではありません。

実は喪中の考え方は宗教によって違いがあります。

「喪」というのは本来、儒教や神道の考え方であり、キリスト教や浄土真宗(仏教)にはそもそも喪中という考え方が存在しません。
よって喪中でも普通のお正月と同じ過ごし方をして大丈夫なのです。

ですが、日本の昔からの風習として「喪中はお祝いごとを控える」という考え方が広く知られているため、ご自身の周囲の環境(地域や近所との関係など)を踏まえつつ、これから紹介する内容を参考にしていただければと思います。

おせちを食べる(食べ物の注意点)

おせち料理は、古くから季節の変わり目の日を「節日(せちにち)」と言い、「節会(せちえ)」というお祝いの会をしていました。
お正月はその中でも特別重要な日で、盛大なお祝いをしていたことから「元日の料理=おせち」と呼ばれるようになっていきました。

現代でもその習慣が残り、新しい一年の家族や年賀のお客様が健康や幸せであるようにという願いを込めたお祝いの料理を、「めでたさを重ねる」という意味の重箱に詰めて出されます。

このように見てみると、おせちは「お祝い」や「めでたい」のオンパレードということが分かります。

上記の理由から、おせちは喪中の間は控えるべきものとなります。

おせちを食べてもよい場合

とはいえ、おせち料理は美味しい物がたくさん詰め込まれていて、年に一度の楽しみだったのに・・・と落胆されている方も多くいらっしゃるでしょう。

そんなあなたに朗報です。

近年では、「お正月の料理」と明確にしないのであれば食べても良いとされるようになってきています。
つまり、「普段の料理=お祝いではない」という扱いにしましょうということですね。

普段の料理ですので、重箱を使ったり、おめでたい意味を表す食材(「めでたい=鯛」「紅白かまぼこ」「よろこぶ=昆布」「お多福=おたふく豆」など)を使用しないといった工夫をすれば、食べられるのです!

また、普段料理としてお雑煮を食べる家庭も多くなっています。

ただし、身内でおせちを嫌がる人がいたりする場合は、きちんと配慮した上で用意をしましょう。

正月飾りをかざる

お正月といえば、しめ縄や門松などの正月飾りを思い浮かべますが、喪中の間はこれらの正月飾りを飾っても良いのでしょうか?

答えは「ノー(飾ってはいけない)」です。

正月飾りは、お正月の本来の意味である、歳神様(としがみさま)をお迎えするうえで、一年を無事に過ごすことができたことへの感謝と、新年を迎えたことをお祝いするためのものです。
身内が亡くなっていることは無事に過ごせたとはいえないため、本来の正月飾りの意味合いとは違ってしまいます。

忌中(50日)を過ぎたら正月飾りをしても良いという考え方もあり、近年ではかねてからの風習を厳格に守るという家庭も減ってきてはいますが、一般的には家の外側には正月飾りはしない方が無難です。

鏡餅は飾っても良い?

正月飾りについては飾ることを控えるべきですが、家の中に手軽に飾れる鏡餅はどうなのでしょうか?

鏡餅についても賛否両論あるところではありますが、忌中明けの喪中ならば鏡餅はOKとする考え方も多くあります。
その理由は、鏡餅は福を与えてくれる神様へのお供えであるため、不幸が訪れた家に福をもたらしてくれるようにという願いが込められているためです。

初詣に行く

一年の始まりに、新しい年を無事に過ごすために初詣に行く方や、一年に一度の楽しみで初詣に行く方も多いでしょう。

初詣で訪れることが多い神社は、神道の考え方から「死=穢れ(けがれ)」とされていますので、忌中(50日)は鳥居をくぐることは許されません

一般的には忌中明けであれば良いとされていますが、こちらは参拝先の神社に確認をした方が良い可能性があり、喪中の場合も避けた方が無難と言えます。

ではお寺の場合はどうかというと、喪中であってもお参りをすることに問題はありません。

お寺は仏教の考え方であり、「死=穢れ(けがれ)」ではなく、本堂を利用して葬儀や法要もします。
大事な人を亡くしたからこそ、故人を偲ぶ気持ちを大切にするのは、むしろ良いことではないでしょうか。

新年挨拶は控えるべき?

年が明けて最初にご近所の方や職場での挨拶はどうしたら良いでしょうか。

結論から言うと、「おめでとう」と自分から言わなければ新年挨拶をしても大丈夫です。
むしろ挨拶をしないという選択は逆に周囲の関係を気まずくさせてしまうため、礼儀として挨拶はきちんとした方が良いのです。

また、喪中でない方にとって新年は〝おめでたいこと〟です。
相手方から「おめでとう」と言われることには何の問題もなく、挨拶をしてもらったらこちら側もそれに応えましょう。

喪中の場合の新年挨拶は、「おめでとう」のワードを入れずに
「旧年中はお世話になりました」
「本年もよろしくお願いします」
などが適切です。

喪中の間は年賀状ではなく寒中見舞い

ここまで喪中のお正月を迎えるにあたって控えた方が良いことについてお伝えしてきました。
ここで改めて、〝喪中の間に年賀状は出さない〟ことについてお話しします。

新年の挨拶まわりは日本の古くからの風習でしたが、時代が移り変わるにつれ、距離が遠くて時間的にも物理的にも会いに行くのが難しいケースが出てきました。
そういった方へ挨拶まわりに行く代わりに、年賀状を送るようになったのが始まりといわれています。
それから年賀状は、旧年中にお世話になったお礼と、新しい年を迎えたことをお祝いするためのものとして広く知られるようになりました。

喪中の間はお祝い事を控えるべきですので、年賀状を出すことも控える必要があります。
その代わり、「寒中見舞い」というもので旧年中のお礼や新年の挨拶をします。

年賀状や寒中見舞いについて、詳しくはこちらの関連記事でお話ししていますのでご覧ください。

喪中はがき印刷【挨拶ドットコムの評判】他社との違い・メリットは?喪中はがき印刷会社は多数ありますが、その中でも「挨拶ドットコム」という会社をご存知ですか? 喪中期間に新年を迎える場合に、新年を喜...

喪中でも行って良いこと

ここまでの流れで、「喪中の間のお正月は、何もできないの!?」と不安になっている方もいらっしゃるでしょう。

派手にお祝いすることを控える必要はありますが、むしろ喪中だからこそ行った方が良いことがあります。
そして、特に喪中だからといって控える必要はないこともあるのです。

詳しく見ていきましょう。

お墓参り

喪中のお正月を過ごすのに最適でおすすめなのが、「お墓参り」です。

先ほど紹介したように、喪中の間にはお寺以外の神社へお参りすることは控えるべきですが、お墓参りであれば忌中・喪中問わずお参りに行けます。

また、世間的にはお墓参りの時期ではなくお墓も混み合わっていない中でお盆以降の汚れや枯れ葉などの掃除もできますし、故人を偲ぶと言う意味でも適しています。

この際、霊園(お墓)が開いているかどうか注意して見ておきましょう。
年末年始のお休みとなっている霊園もあるため、事前に確認してから出かけることをおすすめします。

旅行

不幸がある前から年末年始に海外旅行の計画を立てていた・・・
高額なキャンセル料がかかる・・・

年末年始であれば、そんな状況になってしまうこともあるかもしれません。

旅行そのものはお祝いごとではないため、行っても問題ありません。
忌中の間は控えた方が良いかと思いますが、忌中が明けたらご自身の判断で決めて良いでしょう。

しかし、楽しさあまりのつい楽しげな旅行の様子をSNSにアップしたり、あまり派手にアピールするなど周囲への配慮を忘れてしまうと、不謹慎と思われてしまう場合もありますので、注意しましょう。

まとめ

ここまでの喪中のお正月過ごし方について、まとめると以下のようになります。

  • 喪中の期間はお祝い事は控える
  • 宗教によって「喪中」(死)の考え方は異なる
  • 「お祝い」ではないことはOKで、おすすめはお墓参り

一般的に古くからの日本の慣習にもとづいて喪中のお正月を過ごす方は多いため、その内容をお伝えしてきました。
しかし、現代では厳格に守っている家庭はそれほど多くなく、またご自身の宗教によって考え方も異なります。

最終的に喪中のお正月をどう過ごすかというのは、ご自身のご近所や親戚などとの関係を考慮したうえで、周囲と故人への配慮を忘れずに過ごすことが一番なのではないでしょうか。

ABOUT ME
アバター
ゆかべる
最近 祖母と祖父を続けて亡くしました。大切な人を失う気持ちはまだ鮮明なまま、そして葬儀の大切さを肌で感じています。誰にでもいずれ訪れるお別れのとき。皆さんが後悔しないためにも、日々リサーチを重ねて有益な情報をお伝えしたいと思っています。他にも海外テーマパークに関するブログを運営しています。
RELATED POST
葬儀の種類

【葬式】直葬で後悔しない為の費用と注意点!体験者が語る直葬の口コミとは?

2019年11月5日
【終活のてびき】後悔しない葬儀社の選び方とお葬式の費用まとめ
あなたは、直葬という言葉を聞いたことがあるでしょうか?近年、テレビ番組や週刊誌などでも取り上げられるようになり、増えてきているお葬式の一つで …
葬儀・葬式の基礎知識

納骨では友引・仏滅を避けるべきか?納骨の時期や注意点を徹底解説

2020年5月28日
【終活のてびき】後悔しない葬儀社の選び方とお葬式の費用まとめ
愛するご家族が亡くなられて、あわただしく葬儀を済ませたのもつかの間、まだまだやらなければならないことは、たくさんあります。 その一つが …
葬儀・葬式の基礎知識

葬儀を避ける日とは?葬儀を決める際に知っておきたい一般常識とマナー

2019年6月17日
【終活のてびき】後悔しない葬儀社の選び方とお葬式の費用まとめ
突然やってくる、最愛の人の死。 死を受け入れられず、悲しみに打ちひしがれている中でも通夜・葬儀・告別式・火葬などと日取りを決めていかな …