葬儀のマナー

まごころのお葬式。創価学会の友人葬とは?流れと参列マナー・注意点

「友人葬」という言葉を聞いたことはありますか?

友人葬とは、創価学会のお葬式のかたちで「まごころを大切にするお葬式」として営まれています。会葬者は創価学会の信者と限定されていませんので、どなたでも参列できます。友人葬は一般的な葬儀とあまり変わらないと言われていますが、

  • 僧侶を呼ばない
  • 祭壇が変わっている
  • 香典が不要

と、特徴的な部分もあるようです。

今回は、創価学会のお葬式・友人葬の葬儀の流れと、参列する際のマナーや知っておきたい注意点をご紹介していきます。

創価学会のお葬式「友人葬」とは?|友人葬の特徴

近年、家族やごく親しい友人を中心に執り行う家族葬や直葬といった葬儀の形式が需要を伸ばしています。「友人葬」とは、創価学会の考えに基づいて行われる独自の葬儀のことで、1991年ごろから始まりました。

友人葬では故人への「まごころ」を何よりも大切にしており、家族や友人だけで集い、みんなでお経をあげることで供養をします。

参列者の宗教は問いませんので、創価学会の信者でなくても問題なく参列できます。

僧侶を呼ばないの?

一般的なお葬式との一番大きな違いは僧侶をお呼びしないことです。

友人葬では僧侶を呼ばず、導師と呼ばれる創価学会員の方が進行役をつとめます。読経と題目の「南無妙法蓮華経(なむみょうほうれんげきょう)」は、家族や参列者が一緒に唱えて法要を行います。

日本の一般的な葬儀に僧侶を呼ぶようになったのは、檀家制度が始まった江戸時代の頃です。「葬儀で僧侶にお経をあげてもらわないと成仏できない」という教えが広まって、いつしか葬儀では僧侶に法要を執り行ってもらうスタイルが定着していきました。

しかし、創価学会では「仏教の本義では故人の成仏と葬儀の形式は関係がなく、成仏はあくまでも故人の生前の信仰によるもの」と考えられているため、友人たちのみで故人を悼み題目を唱えて供養をする形式をとっています。僧侶を呼ばないのでお布施は不要で、導師にも謝礼を払う必要はありません。

葬儀の進行役をつとめる導師とは

導師は、創価学会の幹部で冠婚葬祭の儀式を行う「儀典部」の方がつとめ、儀典長とも呼ばれます。その地域を担当しているリーダーであることが多く、信仰歴が長く教義に精通しています。葬儀では「創価学会員の仲間=友人」の代表者として読経をします。

位牌や戒名がないって本当ですか?

位牌はもともと中国の儒教の風習であり、故人の名札に過ぎないという考えから位牌は不要とされています。創価学会の友人葬の際には、白木の位牌に故人の生前の本名を入れ、祭壇中央のご本尊の下に置きます。

一般的に四十九日までに作る本位牌も不要とされています。しかし、絶対に作ってはいけないということではなく、自宅での供養に必要ならば本位牌を作ってもよいとされています。

また、友人葬では僧侶がいないため、戒名はありません。そのため戒名料も不要です。

祭壇が一般的なお葬式とは違うの?

一般的な仏式の葬儀では白木祭壇が用いられることが多いですが、友人葬では祭壇の真ん中にご本尊である掛け軸を祀り、周りを「樒(しきみ)」という常葉樹と白い花で飾るのが伝統的なスタイルです。

ただ、厳格な決まりとなっているわけではなく、遺影や祭壇自体は色のある花で飾っても差し支えありません。最近では故人が好きだった花や菊などの生花に樒(しきみ)を加えた祭壇が増えてきています。

友人葬に供花を送りたい場合には、事前に遺族に確認しましょう。

お香典は不要なの?

友人葬では、基本的に儀礼的な香典は不要とされています。特に創価学会員が友人葬に参加する場合にはこのように考えます。

しかし、絶対に持参してはいけない・受け取ってはいけないというものではありません。友人葬に限らず地域の慣習や遺族の意向によって違います。香典は単なるお金ではなく故人への気持ちですから、事前に「香典辞退」とされていない場合は一応持参してその場で辞退された場合は持ち帰るのがスマートです。

表書きは、友人葬の場合は「御香料」、友人葬かどうかはっきりしない場合には「御霊前」で良いでしょう。

 

独自のこだわりを感じる部分もありますが、故人をまごころ込めて見送りたいという趣旨で執り行われる友人葬。葬儀の流れは一般的な葬儀とどう違うのでしょうか。次の項でじっくり見ていきましょう。

創価学会のお葬式|友人葬の流れ・式次第

創価学会の友人葬は、まず通夜があり翌日に葬儀と告別式を行う、という一般的な仏式の葬儀と近しい流れで行います。友人葬の一般的な流れ・式次第は以下の通りです。

友人葬の流れ・式次第

  1. 開式の辞
  2. 読経・唱題
  3. 焼香
  4. ご祈念文・題目三唱
  5. 弔意文・弔電の紹介
  6. 導師挨拶
  7. 謝辞
  8. 題目三唱
  9. 閉式の辞
  10. お別れと出棺

それぞれを詳しくみていきましょう。

開会の辞

司会から葬儀開始のご案内があります。

読経・唱題

導師が進行役となり、読経・唱題を参列者全員で行います。読経とは、法華経の方便品、寿量品の自我偈(二回)を読誦することです。唱題とは、南無妙法蓮華経(なむみょうほうれんげきょう)の題目を繰り返し唱えることを言います。

方便品は「誰でも平等に仏の生命がある」寿量品の自我偈は「生命は永遠である」という教えを説いたお経です。

焼香

通常、一回目の自我偈に入ると同時に焼香が行われます。導師・副導師→親族→参列者の順番になっているのが一般的です。係の方の案内に従い、焼香を行います。

ご祈念文・題目三唱

焼香が終わり次第、導師が唱題終了の合図にリンを打ちます。
導師が追善供養の祈念をします。祈念後、リンの合図に合わせて参列者全員で南無妙法蓮華経(なむみょうほうれんげきょう)の題目を三唱します。

弔意文・弔電の紹介

頂いた弔慰文、弔電を導師が紹介します。弔慰文は、葬儀の流れの中で導師の挨拶の際にまとめて紹介される場合もあります。

導師挨拶

導師からの挨拶があります。

謝辞

喪主または親族代表から謝辞があります。

題目三唱

導師のリンの合図に合わせて参列者全員で南無妙法蓮華経(なむみょうほうれんげきょう)の題目を三唱します。

閉式の辞

司会から葬儀終了のご案内があります。
終了後に葬儀・告別式についての連絡、ならびに注意事項があります。

お別れと出棺(葬儀・告別式のみ)

葬儀・告別式終了後、導師および遺族・会葬者は、唱題するなか樒(しきみ)等を棺に納めながら、故人との最後のお別れを行います。
その後、男性の近親者数人の手によって棺が霊柩車に運ばれます。出棺に際して喪主から参列者に挨拶があり、出棺となります。

火葬場へ向かうのは親族とごく親しい友人のみで、それ以外の会葬者の方は斎場で出棺をお見送りして散会となります。

 

このように友人葬は独自の特徴がありつつも、一般的な葬儀とそれほどかけ離れていないことが分かりましたね。

創価学会の友人葬に参列する際のマナーと注意点

創価学会のお葬式・友人葬に参列する際に、特別なマナーや気をつけたい注意点はあるのでしょうか。

とくにご自身が創価学会の信者ではない場合、勝手がわからず参列を不安に感じることもあるかと思います。ここでは、友人葬の参列マナーや知っておきたい注意点をご紹介します。

Q.参列するときの服装や持ち物は?

服装について

友人葬に参列する際の服装は、一般的な仏式の葬儀の際と同じで「黒の礼服・喪服」で構いません。バッグや靴・アクセサリーにおいても一般的な葬儀と同じです。

数珠について

創価学会では数珠を両手にかけるため、独自の長い数珠(念珠)を使用していますが、参列の際にはご自身がお持ちの数珠で構いません。しかし、違う数珠を持っていることで回りの目が気になってしまう…という方には「持参しない」という選択肢もあります。

Q.参列する際の作法やマナーは?

焼香の仕方

読経中、一回目の自我偈に入ると同時に係の方が案内を始めますので、指示に従い行います。焼香の回数は三回です。

  1. まず、焼香する前にご遺族へ一礼します。
  2. お香を指でつまみ、額の前まで持ち上げてから焼香します。
  3. (三回繰り返す)
  4. もう一度ご遺族に一礼して席へ戻ります。

お悔やみの言葉について

お悔やみの言葉については、友人葬も一般的な仏式の葬儀と同じで特別な決まりはありません。仏教用語である「往生・供養・他界」などの言葉を用い、簡潔に故人の冥福を祈ることを伝えれば問題はありません。

式中の読経について

式中の読経の時間では、信者でない方は唱えなくても問題ありません。

友人葬では、その地域に住む創価学会員の多くが供養のために参列します。導師を中心に参列者全員で行う読経は大きな合唱のようになるため、信者でない方が初めて参列した際には驚かれることがよくあります。お経自体に馴染みのない方にとっては異様な光景として映るかも知れません。

しかし、読経は故人の冥福を祈って行われていますから、たとえご自身がお経を唱えなくても思いは同じだと思います。創価学会のお葬式・友人葬は、まごころからの供養を大切にする葬儀ですので、私語を慎んで故人の冥福をお祈りしましょう。

葬儀によって様々ですが、一般的に葬儀場前列のほうの席は、読経するために創価学会員の方が座ることが予想されます。創価学会員でない方が参列される場合、読経できないことが気になるなら後方の席に座るのがおすすめです。

ご本尊の撮影は絶対にNG

創価学会の方にとってご本尊はとても大切な存在です。安易に素手で触れたり撮影することは絶対にしてはなりません。

葬儀の最中ではあまり考えにくいことですが、式後、ごく親しい方が故人や祭壇を撮影するつもりでカメラを向けてしまうことがあります。また、記念の集合写真を撮影する際には、ご本尊が写らないようにご本尊を掛けた厨子は閉めてから行います。

参列できない場合には

供花を送るとき

創価学会の友人葬では伝統的に祭壇には樒(しきみ)という常用樹を使用しますが、最近では色花の祭壇も増えており、同様に供花を飾ることも一般的になってきています。

供花を送りたい場合は遺族の意向を確認しましょう。供花を送っても良いのか、どんなものを送って良いのか等を聞いておくと安心です。

弔意文を送るとき

通夜、葬儀・告別式のどちらにも参列できない場合は、弔慰文を送りましょう。
内容に特別な決まりはなく、故人の冥福を祈る気持ちが伝わる文章を心がけます。

創価学会のお葬式を終えてから|納骨や法要について

友人葬では、火葬後は仏式の葬儀と同じように骨上げをします。その後の墓地への納骨や年忌法要については創価学会独自の考え方があるようです。それぞれご紹介します。

納骨について

友人葬の後の納骨の儀式では、題目をあげるのは導師(儀典長)です。
納骨をする際は施設係員の立ち会いのもと、親族ら関係者が納骨します。

霊園や墓地の中には、新興宗教は受け入れないという考えを持っているところが結構あり、創価学会の人がお墓を建てられるのは、

  • 宗教を一切問わない墓地・納骨堂
  • 創価学会が運営している墓地・納骨堂

ということになります。

創価学会は全国に14の墓地公園が所有し、永久収蔵納骨堂・長期収蔵型納骨堂も設けています。創価学会員およびその家族であれば居住地を問わず利用が可能です。

ちなみに、創価学会のお墓はデザインやスタイルがすべて決まっており、自由に決めることはできません。「仏教では平等を重んじるため、その考え方に沿って墓のデザインやスタイルに差をつけない」という考えからです。

年忌法要について

創価学会での法要に関する基本的な考え方はかなり柔軟なもので、「法事は必ずしなければならないものではなく、一人一人の日常の行い(勤行や唱題)こそが最高の追善回向であるという考えを持っています。

しかし、「法事をしてはいけないということではなく、普段なかなか会えないため故人を偲ぶ機会として年忌法要を行いたい場合は有意義である」とし、法要を否定していませんので、個人の判断に委ねられているという理解で良いでしょう。

また、創価学会では個人の年忌法要とは別に「諸精霊追善勤行法要」を行っています。毎年お盆の時期に行われ、追善のための唱題や焼香を行います。全国各地にある主要の会館で行われます。

※お盆の時期、と言っても「新暦である7月15日に行う地域」と「旧暦である8月15日に行う地域」の両方あります。

まとめ|創価学会のお葬式「友人葬」

今回は創価学会のお葬式・友人葬についてご紹介してきました。この記事のポイントをまとめます。

✔️友人葬では僧侶を呼ばない。

✔️友人葬では戒名が不要。

✔️香典は基本的に不要だが、一応持参した方が安心。

✔️葬儀の流れや服装のマナーは仏式の葬儀と同様でよい。

✔️読経はできなくてもよい。全員で行う読経は迫力があるが怖がらず、故人の冥福を共に祈りましょう。

✔️供花を送る際には遺族に確認してからが安心。

✔️ご本尊はとても大切なので、素手で触れない・決して写真を撮らない。

特徴的な部分はありつつも一般的な仏式のお葬式と近い部分もたくさんあり、より身近に感じられたのではないでしょうか。

友人葬は、創価学会という独特の葬式であるため、参列を迷う方もいらっしゃるかも知れません。しかし、あくまでも故人と最後のお別れをする場ですから故人との繋がりに応じて参列するかどうかを考えられるのが一番だと思います。

上記のポイントを押さえておけば失礼になることはありませんので、安心して友人葬に参列してくださいね。

ABOUT ME
とも
とも
40代在宅ワーママのともです。両親がはじめた終活をきっかけにお葬式について考え始めました。最近は新しい葬儀のかたちやお墓も多く、知るたびに驚いています。この記事でお葬式を考えるみなさんのお手伝いができたら嬉しいです。
RELATED POST
葬儀・葬式の基礎知識

葬儀にお坊さんを呼ばない3つのケースと注意点

【終活のてびき】後悔しない葬儀社の選び方とお葬式の費用まとめ
お坊さんの居ない葬儀に参加された経験はありますでしょうか? 多くの方はそのような経験があまり無いのではないでしょうか。 故人が生前に無宗教の葬儀を希望していた  …
葬儀の種類

自分らしい葬儀のカタチ!自宅からお見送り「自宅葬」の行い方

【終活のてびき】後悔しない葬儀社の選び方とお葬式の費用まとめ
「住み慣れた、思い出の詰まった自宅で最期の時を過ごす」 日本では昔は多くの人が近所の人たちの力を借りて自宅で葬儀を行ってきました。今、 …
喪服レンタル

喪服のレンタルが即日可能!RENCA(レンカ)の口コミ・予約〜返却まで

【終活のてびき】後悔しない葬儀社の選び方とお葬式の費用まとめ
突然の訃報、喪服の準備は大丈夫ですか? 慌てて自宅の喪服を出してみたら、カビが生えていてとても着られる状態ではなかった。また管理は大丈 …