喪服レンタル

しまむらで喪服(婦人、子供用)を購入するときのポイント

突然子供2人含む家族4人全員で親戚の葬儀に参列することになると、「あー、喪服が無い!あれ?そういえば、子供の喪服はどうするの?」と焦ってしまいますよね。

家族全員分の喪服を揃えるお金もかかるので、なるべく安く買えそうな近くのお店として、『ファッションセンターしまむら』が思い浮かんだのではないでしょうか?

今回は、しまむらで揃う喪服について、また、意外と知らない葬儀での子供の装いマナーについてご紹介します。

しまむらで揃う喪服について

しまむらでは、婦人用の喪服、ブラックフォーマルと、子供用のフォーマルな洋服を購入することができます。

残念ながら紳士用の喪服は購入できません。

しまむらは、毎年1月頭に卒業式、入学式用のフォーマルスーツのチラシが出ます。その時期であれば喪服以外のフォーマルスーツもセットで豊富にそろっています。

下記でしまむらで購入できる婦人用と子供用の喪服について詳しくご紹介していきます。

しまむらで買える婦人用の喪服

しまむらには、婦人用の喪服やブラックフォーマルが、若い人向きから年配の方向けまで数種類のラインナップが揃っています。

フォーマルウェアのお店で購入すると1万円後半~5万円と高額な喪服も、しまむらでは1万円前後の値段で購入できるので、安く済ませたい人に人気があります。

喪服の商品ラインナップとして例えば、

  • ノーカラー(黒色)ジャケット+ボレロ+ワンピースの3点セットで12800円
  • ノーカラー(黒色)ジャケット+ワンピースの2点セットで9800円

と低価格です。

デザインも、例えば、ジャケットの前面をリボンで留められるようになっていて、お葬式の時には取り外しができたり工夫されています。リボン付きで着用すれば、お子さんの卒業式などでも活躍できそうです。

ただどの喪服も、高額な喪服に比べると高級感に欠けて光沢や生地の薄さが気になるという声もあります。

ですが、サイズも色々あるので、例えば妊婦さんでお腹が大きい場合には、大きめのワンピースの喪服を購入することも出来ます。

しまむらの婦人用その他のアイテム

しまむらでは、黒いパンプスやフォーマルバックなどその他のアイテムも購入することができます。

パンプスは2000円~4000円程度で、黒色ストッキング、タイツも1000円以下で購入できます。

更に、フォーマルバック、サブバック、袱紗(ふくさ)の3点セットが2000円~3000円で購入できます。

しまむらに行くだけで、喪服だけでなく、その他のアイテムも揃えることができるのは、葬儀まで日がないときには本当に助かりますね。

しまむらで紳士用の喪服は買えるの?

残念ながらしまむらでは、紳士用のブラックフォーマルは取り扱っていません。

近くのお店で揃えたい場合には、イオンで同価格1万円台で紳士用の喪服が購入できます。

イオンでは、サイズ直しが出来る(別払い)のも嬉しい点です。

しまむらで子供用の喪服は買えるの?

では、子供の喪服は購入できるのでしょうか?
しまむらでは、喪服用としては取り扱いが無く子供用のフォーマルウェアとして揃えることができます。

下記で詳しく子供の喪服マナーをご紹介しますが、マナーに則った洋服を安く購入することができます。

男の子用のフォーマルスーツはジャケット(チーフ付き)・シャツ・ネクタイ・パンツの4点セットになって6000円弱です。(出典 https://genki-mama.com/articles/dId42)

女の子用のフォーマルウェアとしては、ワンピースとボレロの2点セットで4000円弱です。グレーや暗めの紺色のものがあれば使えそうです。

その他、黒いローファも2000円弱で、落ち着いた色の各種靴下も1000円弱で購入できます。

子供の喪服マナー

しまむらのフォーマルウェアの黒か紺、グレーのものがあれば、それを喪服として使用できますが、もし無かった場合でも子供の喪服は大人ほど厳格ではありません。

基本的に黒や紺、ダークグレーなどの地味な色を使ったフォーマルな格好をしていけばいいことになっています。

下記に子供の服装マナーについてご紹介します。

男の子の服装マナー

男の子は、黒、グレー、紺のズボンとジャケットのスーツに白いシャツが理想です。

ですが、スーツじゃなくても、襟付きの白いシャツに黒、グレー、紺のキレイ目なズボンを履き、シンプルなダークカラーのベストやカーディガンを羽織る装いでも問題ないです。

入学式や卒業式が間近でスーツを揃える必要が無いのに、新たに葬儀のためだけにスーツを揃えるのは勿体ないですよね。

靴下の色は黒、紺、グレー、白で、くるぶしを覆う長いものを用意しましょう。靴は黒色のローファーが望ましいですが、控えめであればスニーカーでも問題ありません。

葬儀はフォーマルな場所ですので、スニーカーは綺麗に洗う、髪型は寝癖をなおす、など品よく見せるようにしましょう。

女の子の服装マナー

女の子は襟付きのブラウスと、紺やグレーのワンピースのほか、地味な色のスカートなどが相応しいです。カーディガンなども上品でフォーマルな場所に似合うものを選びましょう。

靴下は、男の子と同じく、色は黒、紺、グレー、白にして、くるぶしまでの靴下は避けてある程度長いものを用意しましょう。あまりヒラヒラした可愛いデザインのものは避けて、シンプルなデザインのものを選んでください。

赤ちゃんの服装マナー

赤ちゃんの服装は、白、黒、グレーのベビー服があればいいですが、特に原色の明るい色でなければ色つきでもパステルカラーや淡い色の普通のベビー服で問題ありません。

赤ちゃんのベビー服なので白系の色が多いと思いますので、普段のベビー服で大丈夫です。
普段着なれたベビー服の方が、赤ちゃんも落ち着くと思います。

学生服がある場合

学生の場合は基本的に制服が正装とされているため、制服で参列します。
幼稚園や保育園でも制服がある場合には制服を着せておけば問題ないでしょう。

制服であれば少し派手な色がどこかに使われていても失礼にはあたりません。
そのためリボンやネクタイが明るい色でも、学校に通うときと同じように着用して構いません。

制服は着崩すことなく、きちんと着るようにしましょう。

制服自体の色が明かる過ぎる場合や、女子中高生で制服のスカートがあまりにも短すぎる場合には、制服での参列は控えて、フォーマルワンピースなど別のフォーマルウェアを着せるようにしましょう。

インターネットで喪服を揃えよう

近くのしまむらに喪服の取り扱いがあれば良いのですが、私の家のそばのしまむらはそんなに大きくなくて、喪服は置いていませんでした。

それに、共働きで平日に仕事をしているとなかなかすぐには、しまむらやイオンなどに買いに行けないですよね。

また、しまむらが安いと言っても、フォーマルウェア一式全部揃えると一人1万5千円くらいはかかってしまいます。

特に、子供の成長は早いので1度しか着ないで、タンスの肥やしにするのも勿体ないですね。

その場合には、喪服レンタルはいかがでしょうか?

喪服、バック、靴など必要なアイテムも一式セットで数日間貸りることができます。
インターネットで簡単に予約できて、当日発送してくれて便利です。

費用は大体一セット5000円~1万円くらいで、しまむらで購入するよりも値段を抑えられます。

もちろん、男の子用セット、女の子用セット、婦人用セットも紳士用セットも揃っています。
授乳口付きワンピースが入ったセットもあります。
子供用や授乳用セットなど1回しか着用しない可能性が高いものは、レンタルで借りるのがよいですね。

→楽天アフィリへリンク

まとめ

しまむらの喪服は、婦人用はデザインも色々あって、リーズナブルです。
紳士用の喪服は、取り扱っていませんが、子供用のフォーマルウェアは問題なく揃っています。
ぜひ一度、お店で実物を見てみて下さい。

1度しか着用しない子供用のフォーマル服を購入するのは気が引ける、という場合には、喪服レンタルという方法もあります。
インターネットで簡単に注文できて、当日発送してくれます。

突然の葬儀参列で、家族全員の喪服が無い場合でも、近くのしまむら、インターネットの喪服レンタルなど色々選択肢があります。

時間が無い中でも、後で後悔しないように、今回の記事が参考になれば嬉しいです。

ABOUT ME
管理人
管理人
葬儀・葬式の正しい情報を提供するウラル君です! 大切な人を失った時に、後悔しないようなお見送りが出来るよう準備・手順・おすすめ方法などを紹介します。
RELATED POST
葬儀のマナー

【法事お布施のマナー】お布施の準備から渡し方・タイミングまでまとめ!

【終活のてびき】後悔しない葬儀社の選び方とお葬式の費用まとめ
法事・法要の際に、お布施と呼ばれるお金をお経をあげてくれた僧侶の方にお渡しします。 法事・法要のお布施は、お布施を入れる封筒の書き方や …