お墓・仏壇

樹木葬のメリット・デメリット!トラブルを回避する3つのポイント

樹木葬

以前は人は亡くなるとお墓に入るもの、と思われていました。

ところがそのような常識は少しずつ変わってきていて、今はもっと選択肢があり自由な時代。

お墓に入る方もいらっしゃいますが、お墓に入らない選択をする人達も増えています。

そんな方達は代わりに次のような選択をしているようです。

・納骨堂と呼ばれる共同の墓地に入る

・死者や先祖の供養を寺院などに任せる「永代供養」

・細かく砕いて海や川、山などに撒く「散骨」

その中の一つに「樹木葬」があります。

文字通り、言うなれば樹木を墓石に見立てて自分のお骨を樹木に守ってもらう、自然に還るといったナチュラルなイメージの埋葬方法です。

聞こえはいいですが実際にはどうなのか、近頃増えてきている樹木葬のメリット、デメリット、そしてトラブル例を見ていきましょう。

樹木葬のメリット

日本では1999年から始まった樹木葬。

樹木葬を選ばれる方はどんなところにひかれて選んだのか、主なメリットについてみてみましょう。

自然に還ることができる

樹木葬とはその名の通り樹木の下、土の中にお骨を納めるので、まさに亡くなった人が土に還る、そんなイメージを持たれる方は多いようです。

実際にお骨を細かくして樹木の根元や下に撒いたり土に埋める方法をとる樹木葬もあります。

一方、樹木の下に穴を掘る、いわゆるカロートというスペースを作ってその中にお骨の入った骨壺を納める方法もあります。

この場合、すぐにお骨が土に還ることはむずかしいですが、いずれはそうなるであろうというイメージで樹木葬を選択されるようですね。

墓石のお墓より費用が安い

樹木葬にかかる費用は30〜70万円と言われています。

お墓を建ててそこに入るとなると土地代、墓石代その他合わせると数百万円、立地が良くて墓石も高価なものにするとそれ以上かかることになります。

そうするとお墓に入ることと比べると樹木葬はずいぶんお得、と思われるでしょう。

樹木葬で30〜70万円という開きがあるのは、樹木葬にもいろいろな種類があるためです。

樹木葬の中でも合祀型といって一つの樹木をシンボルツリーとして他の人たちと一緒に埋葬されるタイプの樹木葬が一番安いです。

反対に、一人につき一本の樹木を墓標として立てその下に埋葬される場合が最も高価で、70万、場所やサービス内容によっては100万くらいかかる場合もあり、樹木葬も価格設定は様々だということは頭に入れておきたいですね。

後継者の必要がない

お墓を作ってそこに入る場合、家族や親族が定期的に墓石や墓石の周りを掃除や手入れをし、お参りするのが習わしです。

しかも墓地に対して管理維持費を払い続けなければならないため、遺された家族や親族に負担がかかります。

一方樹木葬は足を運んで手入れに来る必要はなく、通常、管理維持費もかかりません。

そのため定期的にお参りに来る必要がないため家族や親族の手をわずらわすことがなく、とてもシンプルです。

樹木葬のデメリット

良いところばかりでなく欠点だと感じるところが樹木葬にもあります。

どんなことがデメリットと感じるのか、あげてみました。

ほとんどが一代限りのお墓

家に代々のお墓がある場合、ご両親が入られたら遺された家族も次々とそのお墓に入っていくのが一般的と考えられています。

ところが樹木葬の場合は故人、もしくは夫婦二人だけが葬られるだけで、そのあと遺された家族もそこに入るというわけにはいきません。

家のためのお墓を持ちたい、残したい、お墓というシンボルがあって亡くなってもそこに会いにきて欲しいと思う方には樹木葬はふさわしくないと言えるでしょう。

交通アクセスが悪いことが多い

樹木葬の場所のほとんどが郊外、それも山の中などに作られるため、埋葬されてからもお参りに行きたいと願う家族や親族がいらっしゃる方には不便です。

交通の便も悪く公共機関を利用して現地に行くのがむずかしい場所にある場合、特に家族や親族が高齢になった時、たどり着くことさえできません。

また、樹木葬を考えている人が身寄りの少ない方や独身の方でも、そもそも見学に行くまでが大変、といった場所にある場合は考えものですね。

価格が高い場合がある

樹木葬は安いといっても他の方と一緒に一つの墓や納骨堂に入る合祀墓や散骨に比べると高くつく場合があります。

樹木葬でも立地が良くきれいに整えられた場所だと、考えていたより高い価格になることもあるため、できれば安い埋葬方法を、と考えている方は他の方法も視野に入れてみる必要もありますね。

樹木葬のトラブル例

樹木葬のメリットとデメリットについてみてきましたが、それらにまつわるトラブルも少なくありません。

数あるトラブルの中からいくつかご紹介します。

お墓参りがしにくい

デメリットで紹介したように、立地の悪い場所にある場合、たどり着くまでが大変です。

特に「里山タイプ」と呼ばれている樹木葬の場合、山の一部にお骨を埋葬するため、仮に立地が良い場所にあったとしても年月が経つと草木が生い茂り、一体どこに埋葬されたのかがわからなくなってしまいます。

樹木の下に埋葬されるタイプの樹木葬でも、年月が経つと墓標としての樹木もそうですが周りの草木が生長してしまい、故人の眠る樹木がどの木がわからなくなって困った、という問題があるようですね。

返骨ができない

樹木葬でいったん埋葬されてしまうと返骨、つまり、骨壺に入った状態で取り出すことはできないと言われてしまうことがあります。

樹木の下に掘ったカロートという場所に骨壺が納められる場合は取り出すことが可能なこともありますが、契約により返骨はできないとされている場合もあるため、何年か経って自分のお墓や他の場所に移したいと考えている人は、樹木葬をする前によく確認しておきたいものですね。

家族の理解が得られにくい

樹木葬自体、まだ歴史は浅く、一般に知られていない埋葬方法です。

家に代々お墓があるならば当然そこに入る、という以前からの弔い方を常識ととらえているひとがまだ大多数、と考えてもよいでしょう。

お墓に行き、墓石を故人になぞらえてお参りするからこそ弔いができる、と思っておられる方は多いです。

樹木葬で特に「里山タイプ」など選んでしまうと、どこに故人が眠っているのかわからない状態でお参りするので全くしっくりこないこともあり、家族や親族から理解を得にくいようです。

樹木葬のトラブルを回避するための3つのポイント

樹木葬のトラブルは樹木葬を選ぼうとしている人だけの問題ではなくほとんどがその家族や親族、友人など周囲の人間関係から起こるものです。

これらのトラブルを避けるためにどうしたらよいか、樹木葬を選ぶ前に考えてみましょう。

①自分のイメージと合っているか

本当にお墓に入らず樹木葬を選ぶのが良いのかどうか、何度も自分に問うてみましょう。

例えば独り身で家族や親族とも希薄でお墓もない、ということであれば、自分の埋葬された場所にお参りに来るひともいない、永代そこに眠ることができ土に還るなら本望、と樹木葬を選ぶのは納得できます。

しかし、代々守ってきたお墓のある家に生まれたのに、自分だけは樹木葬にしたい、と考えているならば、なぜ樹木葬にしたいのか、残されたお墓はどうするのかなどよく考え、家族や親族の理解を得る必要があるでしょう。

②本当に宗教や宗派に決まりがないかどうか

樹木葬は、宗教や宗派に関係なく選択しやすい、というメリットがあります。

しかし、ある樹木葬には宗派があり、その宗派の人でなければ実現しない場合もあります。

また、樹木葬をしたいと思っても、その人の宗教によってはお経を上げてもらえない、お葬式が行えなくなるかもしれないのです。

代々お世話になっていた宗派の墓に入らないとなると菩提寺から檀家と見られなくなり、お葬式が行われなかったり、あとあと近所付き合いがしにくくなって人間関係がギクシャクし、残された家族や親族に迷惑がかかる、という話も聞かれます。

そんな土地に住んでいる場合でも樹木葬を選びたいときは、事前に自分の、そして育った家がお世話になっていた菩提寺に問い合わせたり、周りの人や近所の人たちの理解を得てから選択するなど、とにかくあとを濁さないようにしたいものですね。

③埋葬をする形式は個別?合同?

樹木葬にもいろいろなタイプがあります。

主なタイプは4種類です。

・山の一部に散骨する「里山タイプ」

・1本の樹木の下に1人が埋葬されるタイプ

・1本の樹木の下に他の人と一緒に埋葬されるタイプ

・庭のようにしつらわれた場所の地下に複数の人たちと一緒に埋葬される「庭園タイプ」

「里山タイプ」はお骨を直接土に散骨しますが他のタイプでは地下にカロートという穴を掘り、骨壺を納めます。

中には埋葬期間が決められていて、供養が済んだらその場所から移されて、同じ場所に入っていた複数の人のお骨と一緒にいわゆる合祀葬をされ、合同のお墓に納められてしまうこともあります。

このように1人だけ、個別で弔われるのか、複数の人と一緒に合同で弔われるのか、そしてお骨を永代にわたって弔ってくれるのかどうかなど最初に知っておき、自分ならどちらが良いかよく吟味して選択しましょう。

価格も個別埋葬と合同埋葬とでは大きく異なるので、樹木葬を行うことを決めてしまってから埋葬内容を知り、話が違う、納得がいかないと掛け合ったというトラブルも少なくありません。

【まとめ】樹木葬のメリット・デメリット。トラブルを避けるためにも気をつけたい

樹木葬のメリットやデメリット、そしてトラブル例についてお話ししてきました。

土地代の高騰や墓の手入れや世話の問題などでお墓を作る人が少なくなっている一方、メジャーになりつつある樹木葬。

ナチュラル、クリーンなイメージの樹木葬ではありますが、安易に選んでしまうとトラブルや困りごとがつきものです。

イメージだけで選ぶのではなく、樹木葬とはどんなものなのか、どんな場所にあるのか、サービスについて事前によく調べ、自分で勉強することが大切です。

家族や親族の理解を得て、遺された人たちのことも考えてあげてこそ、安心して旅立つ準備ができたと言えるでしょう。

ABOUT ME
utsugi
utsugi
50代の「ウツギ」です。 両親も80代に入り、いざという時のことを考えながらお葬式に関して皆さんにとっても役立つ記事を書いています。 特技はガーデニング、アロマセラピー。そんな記事もお仕事として手がけています!
RELATED POST
お墓・仏壇

葬式後には仏壇が必要?今のくらしに合う仏壇の選び方6つのポイント

【終活のてびき】後悔しない葬儀社の選び方とお葬式の費用まとめ
昔はどこの家にも合った仏壇ですが、最近では仏壇を持たない家が増えています。 核家族化によりマンションなどの狭い住宅が多くなったこと、宗教観 …
お墓・仏壇

遺骨ペンダントは良くない?縁起が悪いって本当なの?問題点を解説!

【終活のてびき】後悔しない葬儀社の選び方とお葬式の費用まとめ
遺骨を自宅で供養する「手元供養」の需要の高まりと共に注目されている遺骨ペンダント。 多くのブランドから様々な遺骨アクセサリーが展開され …