ドラマ

入山法子どんな人?韓国・旦那・子供・双子の噂、離婚歴プロフィール

入山法子ドラマ「雪女と蟹を食う」彩女役、旦那、子供について

『雪女と蟹を食う』でファンも多く妖艶でミステリアスな彩女役を演じる入山法子さんがエロさと美で注目を集めていますが、どんな女優さんなのでしょうか、気になりますね!

プライベートでは猫好き!いちご好き!ビール好き!なイメージの入山法子さんですが、双子!?という噂もあります、入山法子さんの女優としての歴史や、離婚歴、元旦那、韓国在住?子供がいるのかなど、詳しくまとめていきます。

入山法子さんを知って、『雪女と蟹を食う』をもっともっと楽しみましょう!

入山法子どんな人?旦那・子供は?

https://twitter.com/norikoiriyama/status/1523659744061562881?s=20&t=WeRB4i5opUw7k6g599y6HA

入山法子さんは2014年7月にTHE BAKC HORN(ザ バック ホーン)のベーシスト岡峰光舟(おかみねこうしゅう)さんと結婚しています。

入山法子さんが28歳、岡峰光舟さんが34歳の時でした。

入山法子さんは高校時代、軽音楽部でエレキベースを担当していたので、そんなところからも意気投合したのかもしれませんね。

入山法子さんにはお兄さんはいますが、兄弟は2人で、双子ではありません。

二人の間に子供はおらず、2020年12月末に離婚を発表しました。

入山法子のプロフィール

生年月日1985年8月1日
サイズT=168cm,B=81,W=62,H=88
出身地埼玉県
星座獅子座
血液型A型
学歴共立女子大学家政学部生活美術学科卒業
職業モデル、女優
特技エレキベース、乗馬
資格アロマテラピー検定1級、2級、和装準一級
代表作2005年:ダイハツ タントカスタム(CM)
2006年:マイ☆ボス マイ☆ヒーロー(ドラマ)
2007年:ハケンの品格(ドラマ)
2007年:資生堂TSUBAKI(CM)
2011年:霧に棲む悪魔(ドラマ)初主演
2011年:ハナばあちゃん!!わたしのヤマノカミサマ(映画)初主演
2017年:きみはペット(ドラマ)w主演

デビューのきっかけは原宿でスカウトされたことで、大学入学と同時に『週間朝日』の表紙で2004年にモデルデビューしています。

入山法子さんは芸能活動と学業を両立しながら、2008年にはシドニーに語学留学として、ホームステイも経験されています。

大学卒業後は女優業に専念、数多くの作品に出演されています。

元旦那は岡峰光舟

岡峰光舟さんは1998年に結成された4人組ロックバンドTHE BAKC HORN(ザ バック ホーン)のベーシストで、ベースの専門誌『ベースマガジン』の表紙を飾るほどファンも多い人です。

入山法子さんとは2006年末頃から交際、同棲をしており、約7年半の交際期間を経て2014年7月に結婚し、2020年12月末に離婚しました。

離婚理由は?

離婚理由はバンドで言う方向性の違いがあったと岡峰さんは話していますが、お互いに尊敬出来る関係であり、何度も話し合い前向きな決断ができたとしています。

二人の間に子供はいませんので、子供をもうけるかどうかで方向性の違いがあったのでしょうか?詳しい理由は発表されていませんが、長い期間をともに過ごした2人です、何か、どうしても解決できない価値観の違いがあったということでしょう。

入山法子の再婚の可能性は?相手は重岡大毅?

『雪女と蟹を食う』は、何もかもを失った男が自殺をしようとするが死にきれず、テレビのグルメ番組を見て最後に北海道で蟹を食べたいと、最後の晩餐を求め、旅に出るお話。

自殺をしようとした北(重岡大毅:ジャニーズWEST)は何もかもを失った状態で北海道で蟹を食べることを決意しますが、お金がありません。

そんなたまたま出会った強盗犯×人妻が蟹を求めて始まった不倫旅を描いているのが『雪女と蟹を食う』です。

ある意味不思議なストーリーですが、不倫旅なのできわどいシーンも多く、北が求めるものを求めるタイミングで差し出すことのできる彩女は、ミステリアスでエロかわいい、ファンも多いキャラクターです。

そんな北と彩女を演じる重岡大毅(ジャニーズWEST)と入山法子さんですから、体を重ねる演技を繰り返すごとに、心の距離が近くなってもおかしくはないと思います。

入山法子さんにはお子さんもいませんので、共演をきっかけに再婚することは十分に考えられるでしょう。

入山法子の再婚の可能性は?

入山法子さんは現在猫と一緒に暮らしていると思われます。

保護猫を引き取ったりされていますので、再婚する相手の絶対条件は、猫好きな人でしょう!

入山法子さんは2020年に離婚をされていますが、子供はおらず、料理も上手なので、結婚したいと思う男性はたくさんいるのではないでしょうか。

『きみはペット』で共演した志尊淳さんともいまだに仲が良いようですし、今回の『雪女と蟹を食う』での共演をきっかけに再婚の可能性もあると思います。

何よりも彩女は妖艶な色気を持つ、つかみどころのない女性で、入山法子さんにはぴったりの役だと思います。

『雪女と蟹を食う』では彩女と入山法子さんの魅力が存分に発揮されると思いますので、放送がとても楽しみです!

入山法子は韓国在住?

入山法子さんは韓国でも撮影をされたり、韓国を訪れることはあるようですが、韓国には住まれておらず、日本在住だと思われます。

入山法子さんが志尊淳さんとW主演を務めた『きみはペット』が韓国で映画化されたことなどから、入山法子さんと韓国というワードで検索されることもあるようですね。

子供のいない入山法子さんですが、双子というキーワードが出て来るのも、『霧が棲む悪魔』で1人2役を演じたことが原因ではないかと思われます。

入山法子さん自身も双子ではないですし、双子の子供もいませんが、『霧が棲む悪魔』での1人2役の演技が双子ではないか!?と思わせるぐらいすごい演技だったということですね!

入山法子の2022年現在まとめ

入山法子さんは現在36歳、2014年7月にTHE BAKC HORN(ザ バック ホーン)のベーシスト岡峰光舟(おかみねこうしゅう)さんと結婚しています。

2020年12月末に離婚を発表しましたが、長い交際期間を経て結婚した2人ですし、離婚理由はどうしても解決することができない価値観の違いがあったのではないかと思われます。

2人の間に子供はおらず、今もお互いを尊敬し合うような関係で、離婚は前向きな決断だったとしています。

入山法子さんは高校時代に軽音楽部でエレキベースを担当していたこともあるので、そんなところから意気投合したのかもしれませんね。

デビューのきっかけは原宿でスカウトされたことからモデルの仕事を始めていますが、大学卒業と同時に女優業に専念し、今まで数々のドラマや映画に出演されています。

2017年に放送された『きみはペット』では志尊淳さんとW主演を務め、『きみはペット』は韓国で映画化もされています。

2011年には『霧に棲む悪魔』で1人2役にも挑戦し、その演技力から双子なのではないかと検索されるようになったようです。

入山法子さんにはお兄さんはいますが、双子ではありませんし、お子さんもおられないので、当然双子ではありません。

そんな入山法子さんが今回演じるのは『雪女と蟹を食う』という強盗犯×人妻が蟹を食べるために北海道を旅行するロードムービーです。

不倫旅が舞台なので、セクシーなシーンも多く、妖艶でミステリアスな彩女にはファンも多いです。

『雪女と蟹を食う』では彩女と入山法子さんの魅力が存分に発揮されると思いますので、放送が楽しみですね!