葬儀の費用

葬儀費用の平均金額・都道府県別の調査と費用を安くする方法

葬儀の費用が高いことから、最近では小規模な葬儀をあげる傾向が高まっています。それでも全国の葬儀平均金額は195.7万円と高額です。(2017年日本消費者協会調べ)

これは大規模な葬儀から、火葬のみの葬儀まで全ての葬儀形式が一緒になった結果ですので、すべての葬儀がこんなに多額なわけではありません。葬儀が小さければ当然平均費用も安くなります。

しかし、地方によってはこの全国平均金額195.7万円よりも高額な場所もあれば、40万円も安いところもあります。ご自分の住んでいる場所の平均費用が気になりますよね?

またいくら安いといっても、葬儀費用が相変わらず高額であることに変わりはありません。

ここでは葬儀費用平均都道府県別の調査結果も交えて、葬儀費用の内容と葬儀を安くする方法をご紹介します。

葬儀費用の平均・都道府県別調査結果

葬儀費用の平均を全国と地域別に分けて、一覧表を作成しました。

表を見て頂くと、地域によって差があることが良くわかります。関東Aと中部A・Bは全国平均よりも葬儀の平均金額が高いことが判明しました。ただしこれはあくまでも目安ですので、参考程度にとどめておきましょう。

地域名 葬儀費用の平均金額
全国の平均 約196万円
北海道 約155万円
東北地方 約203万円
関東A(千葉・群馬・茨城・栃木) 約239万円
関東B(東京・神奈川・埼玉) 約187万円
中部A(新潟・富山・石川・福井) 約228万円
中部B(愛知・静岡・岐阜・長野・山梨) 約246万円
近畿 約190万円
中国 約164万円
四国 約157万円
九州 約167万円

参考:2017年一般財団法人日本消費者協会「第11回 葬儀についてのアンケート調査報告書」

また、この金額は葬式にかかった合計金額です。

最低金額は北海道の155万円ですが、やはり葬儀費用は高額という印象は変わりません。それでは葬儀費用全体の内訳や内容についても説明し、葬儀費用の内容を解明しましょう。

葬儀費用の内訳・内容

ところでなぜ、葬儀はこんなにお金がかかるのでしょうか?

最近は葬儀費用が高額のために、費用を分割で払ったり、最悪の場合は葬儀費用の支払いが出来ないケースもあります。ですから葬儀の内容や内訳をきちんと把握して、無駄なお金が発生しないように注意する必要があります

葬儀の規模と参列者の数によって、葬儀費用は大幅に変わってきますが、葬儀費用の内訳は下記の4つに大別することが出来ます。

  1. 葬儀費用 儀式にかかる費用
  2. 火葬費用 火葬場に支払う費用
  3. 接待費用 参列者をもてなす費用
  4. 宗教者費用 寺院などにに支払う費用

詳しい内容をひとつずつ説明します。

葬儀費用

葬儀費用とは葬式そのものにかかった金額を指し、葬儀費用全体の5~6割りを占めます。葬儀社や葬儀の規模によって内容は変わりますが、通常下記の内容が含まれています。

葬儀前 ご遺体お迎えの寝台車、枕飾り、ご遺体の保存、エンバーミング*、メイクアップ、安置室、棺など
お通夜・葬儀 式場使用料、祭壇、白木位牌、祭壇周りのお供物や水引幕、遺影写真、受付に係る物品、焼香具(線香、ろうそく)、会葬礼状、葬儀の司会進行など運営スタッフによるサービス、案内看板、音響効果、バス送迎サービスなど
葬儀後 霊柩車、火葬、火葬待合室使用、骨壺、自宅飾り、バス送迎サービスなど

参考:小さなお葬式

*エンバーミングとは遺体に消毒と特別処理を施して、長期保存を可能にする技術

火葬費用

火葬費用とは火葬にかかる費用と、火葬場の待合室使用料金などを指します。これは葬儀社によって、料金に含まれる場合と含まれない場合があります。葬儀社から見積もり書をもらったら必ず確認しましょう。

また火葬費用は公営か民間か、市民かそうでないかによっても、金額が大きく変わりますので、詳細は火葬場のホームページか葬儀社で確かめましょう。通常は市民が公営の火葬場を使用するのが一番安い金額です。

接待費

接待費とは参列者に振舞う飲食費や返礼品のことを指しますお通夜の席での通夜ぶるまいや、火葬場での精進落としがこれに当たります。また香典返しの品物もこの一部です。

接待費は葬儀費用全体の2割前後を占める割り合いで、参列者が少なければ削れる費用です。しかし、同時に参列者が少ないということは香典も入ってきませんので、遺族の持ち出し金が増える危険性もあることを忘れないでください。

宗教者費用

仏式葬儀の場合、僧侶に来ていただき読経をあげて戒名をつけて貰います。また心づけやお布施という名の謝礼金や交通費なども含めて、宗教者費用としています。

この費用は葬儀費用全体の2~3割りを占めますが、全国平均金額は47万円という調査結果があります。(2017年日本消費者協会調べ)

 

通常葬儀の宗教者は菩提寺(お付き合いのある寺院)に依頼しますが、最近は核家族化が進み菩提寺を持たない家庭も増えています。

その場合は、「お坊さん便」という便利なサービスを利用することも可能です。これは葬儀のときのみのお付き合いで、檀家(だんか・特定の寺に属しお布施で寺の財政を助ける家)になる必要はありません。

また、全国の宗教者費用平均が47万円平均とすると、初回55,000円からで読経と戒名をお願い出来るお坊さん便は非常にリーズナブルなお値段です。

▶︎▶︎NHKで紹介されたお坊さん便を見てみる

僧侶に支払う費用は住んでいる地方や檀家としてのお付き合いの度合いによって、金額も大きく変わることを覚えておきましょう。

宗教者への謝礼は、遺族が直接渡すものです。もしいくら渡したらよいのかわからない場合は、まわりの親戚や葬儀社に聞いてみるのが最も確実な方法です。

お香典ってどの位集まるの?

出典:いい葬儀

ひとつめの表を見て貰うと分かりますが、集まるお香典の平均金額は886.844円。葬儀費用の全国平均が約196万円で、集まるお香典の平均金額が約89万円なので、自己負担は約107万円ということになります。

これはあくまでも平均金額で、葬儀の規模によって全然違うので、一概にこの金額が集まるとは思えません。家族葬だと参列者は最大30名ほどですし、一般葬儀だと150名を超える会葬者の場合もあります。

大切なのは葬儀にかかる総費用-集まる香典金額=遺族の自己負担額となることです。これはどんな葬儀を行うかで、金額が全く違ってきますので、万が一葬儀になったときには覚えておきたいものですね。

最近の葬儀傾向

今までは一般葬が主流で、遺族・親族はもちろん、親しい友人や会社関係者など、ご縁のあった方々が誰でも参列していましたが、最近では会社やご近所の方々は呼ばずに済ませる家族葬が増えています。

これは葬儀費用が高額なのが主な原因ですが、葬儀に対する価値観の変化も一因と言われています。立派な葬儀=故人への供養という考えが薄れて、葬儀は家族のみでゆっくりとお見送りしたい、という遺族が増えているが理由です。これは一般葬で参列者が多いと遺族が対応に追われ、故人と最後のお別れがゆっくりと出来ず、後悔するケースが後を絶たないためです。

また家族葬よりも小さな、一日葬や火葬式などもあり、葬儀形式の多様化は今後も広がると思われます。伝統的な葬儀よりも、各家庭の事情にあった葬儀を選ぶことが出来るのが現代葬儀の特徴ともいえます。

ここでは現在行われている、主要な4つの葬儀形式を紹介します。

一般葬

従来の葬儀の形で、お通夜と告別式の両方を行い、遺族・親族・友人・会社関係者・近隣者など、誰もが参列できる葬儀形式です故人に知人や会社関係者とのお付き合いが多い場合には一般葬を行うケースが多いです。

葬儀が大きくなるのでその分葬儀代金もかかりますが、お香典がありますので相殺すると、遺族の負担は大きくないケースもあります。

逆に大きな葬儀にもかかわらず、参列者が少ないと遺族の持ち出し金が多くなる場合もあるますので、葬儀の大きさと参列者の人数のバランスはとても大切です。

家族葬

上記の一般葬と同じで、お通夜と告別式両方行いますが、参列者は遺族・親族・親しい友人のみで、会社関係者や近隣者は呼ばない葬儀形式です。

家族葬は故人が高齢で参列者が少ない場合や、形式にとらわれずに家族だけでゆっくりとお別れをしたい方々に支持されています。

一般葬よりも小さいので葬儀代金は少なくなりますが、その分お香典も減りますので遺族の持ち出しが多くなるケースもあるので、費用の面で気を付けなければいけません。

一日葬

一日葬とはお通夜を省略し、告別式のみを行う葬儀形式でどなたでも参列頂けます。こちらは時間と費用を節約しつつ、告別式は行われます。

この一日葬も参列者が少ないけれども、告別式をして故人を弔いたい方に選ばれています。

通夜式は行いませんので、当然葬儀代金は少し安くなります。

火葬式

お通夜と告別式を行わず、火葬のみで故人をお見送りする葬儀スタイルです。

こちらも参列者が少なく、家族のみでお別れをする方々が選ぶケースが多いです。

価格も一番安く抑えられることが出来ますが、簡素過ぎるという場合には、有料でお花を追加したり、火葬場にお坊さんを手配し読経を挙げて頂く事もできます。

4つの葬儀形式一覧表

お通夜 告別式 火葬 費用 利点
一般葬 高い 一般的葬儀で誰でも参列できる
家族葬 少し高い 親族でゆっくりとお別れできる
一日葬 × 少し安い 時間も費用も節約できる
火葬式 × × かなり安い 費用が少なくてすむ

参考:小さなお葬式

こちらの表をみれば、内容と利点が一目瞭然ですね。

どの葬儀スタイルが、ご自分又はご家族に合っているのかの目安になるはずです。葬儀はある日突然やってくることも多いので、事前にご家族で話し合ったり、自分はどんな葬儀を希望しているのか記しておく事も重要です。

葬儀費用を安くする方法

今まで葬儀は、故人が亡くなってから初めて葬儀会社に連絡していました。

当然時間がなくすぐに決めないといけないので、葬儀社の質や費用を比較している暇はありませんでした。また病院と提携している、高い葬儀社にお願いする人も多かったという時代でした。

しかし現在では事前に葬儀会社を吟味し、見積もりを取ることが当たり前という時代になっています。

事前見積もりは葬儀費用を安くするために非常に有効な手段です。検討する時間があれば数社の葬儀会社から見積もりを取り、見比べることが可能になり、内容や費用の差が一目瞭然だからです。

 

また自分で近所の葬儀会社全てに連絡するのは骨の折れる作業ですが、今は葬儀紹介会社という便利なシステムがあるので、インターネットで一括検索することが出来ます。

しかも見積もりや電話相談も無料なので、ぜひ利用して頂きたいシステムです。

以上のように、葬儀費用を安くするためには事前準備が大切です。ぜひ以下の3点を参考に、葬儀計画を立てて下さい。

《葬儀費用を安くする方法》

  1. 葬儀紹介会社を利用する
  2. 生前契約を使う
  3. 葬儀紹介会社に見積もりを依頼する

各項目をひとつずつ説明します。

葬儀紹介会社を利用する

葬儀紹介会社とは依頼人に近くの葬儀社を紹介し、利用した葬儀社から紹介料を頂いて成り立っている商売です。依頼人は無料で見積もりを送って貰ったり、フリーダイヤルで直接葬儀の相談ができるので、葬儀費用に不安のある方は必ず利用しましょう。

葬儀紹介会社は沢山ありますが、インターネットで検索することが出来ますし、インターネットを使わない方でも電話で無料で資料請求が可能です。

 

また葬儀紹介会社は内容の明確化を進めるために、各種葬儀をプラン別料金で表示しています。これにより以前行われていた葬儀会社の不透明な見積もりではなく、必要最低限の金額がどれくらいなのか、利用者にも分かり易くなりました。

近所の同じ葬儀社でも、直接見積もりを出して貰うよりも、葬儀紹介会社のパッケージプランの方が安いこともありますので、はやり葬儀紹介会社を利用する方が簡単でお得だと言えます。

生前契約を使う

これは全ての葬儀紹介会社が対象ではありませんが、なかには葬儀紹介会社の会員になったり、生前契約をしておけば割引料金が適用になることもあります。

例えば小さなお葬式という葬儀紹介会社では、無料申し込みで早割適用になるので、最大71,000円の割引も可能です。

また、資料請求してアンケートに回答するだけで葬儀費用が1万円の割引になります。

 

\資料請求+アンケート回答で1万円割引き/
小さなお葬式公式サイト

 

また生前に自分で葬儀形式を決めて、前払いをしておけば、残された家族に迷惑がかかることもありません。

家族の突然の死でショックを受けているところに、葬儀の準備は大変な負担です。しかし故人が生前に自分で決めて契約済みの葬儀ならば、小さな葬儀でも親族も納得してくれるケースが多く、遺族の心配事もひとつ減ります。

葬儀紹介会社に見積もり依頼をする

以前は葬儀の内容が不透明で、葬儀後に追加料金がかかり、予算を大幅にオーバーしてしまうケースも多々ありました。

しかし葬儀紹介会社の登場で葬儀内容はすべて明確になり、葬儀形式ごとの料金もパッケージ化されたため、利用者にはとても選びやすい状況となっています。

繰り返しになりますが、近所の同じ葬儀会社にお願いするとしても、直接の契約よりも葬儀紹介会社を通した方が、安いパッケージプランを使うことが出来る場合があります。必ず、葬儀紹介会社から見積もりを取りましょう。

ほとんどの葬儀紹介会社では無料見積もりを実施しています。これは依頼人の名前や住所、電話番号などの基本情報を記入するだけで、見積書を自宅に郵送またはメールで送って貰えるシステムです。

私は小さなお葬式という葬儀紹介会社に、実際に見積もり依頼しました。その際ホームページからの記入時間はたったの2分で、3日以内に見積書が到着しました。葬儀社とはわからない封筒で届き、内容も多岐にわたるものでしたので、非常に満足しています。

また小さなお葬式の見積書には、無料のエンディングノートも付いてきますので、高いお金を出してお葬式や終活の本を買うよりも、実務的な内容なので断然お勧めです。

また、今のところ勧誘電話もかかってきません。すぐに葬儀というわけではないので、面倒な電話連絡がないのも助かります。

ただし自分がわからないこと、相談したいことはフリーダイヤルで無料で聞けますので、ぜひ利用しましょう。

▶︎▶︎小さなお葬式の公式サイトはこちら

【まとめ】葬儀費用平均・都道府県別と費用を安くする方法

葬儀費用平均都道府県別を見て頂いてわかるように、葬儀費用は地方によってかなりの差が出ます。

これは昔からの風習と伝統ですが、最近は葬儀の縮小化が進んでいるのも事実です。高額な葬儀費用は残された家族の家計を圧迫し、最悪の場合葬儀費用が支払えないという事もありえるのです。

ですから事前に葬儀情報を収集し、どんな葬儀にするのか考えたり、早割で費用を安くするのは自分だけでなく家族のためにもなります。すぐに必要ではなくても、人の死はいつどこで起こるかわかりません。

いざという時に慌てないためにも、無料見積もりを利用して、事前に家族と共に葬儀内容の検討をするのが賢い選択です。

また葬儀紹介会社の無料見積もりは、葬儀の内容や金額だけでなく、葬儀前後に必要な情報も網羅されていますので、葬儀全体の勉強にもなります。

葬儀費用を安くするならば、事前の情報収集は必須です。ぜひ無料見積書を取り寄せて、自分らしい葬儀を家族と共に検討して下さい。

\資料請求+アンケート回答で1万円割引き/
小さなお葬式公式サイト

ABOUT ME
momiji
momiji
50代のライターもみじです。両親も年老い、入院している家族がいることから、葬儀準備を真剣に考えて情報収集する日々です。現在は色々なサービスがあり、昔とは違う葬儀に対する価値観に驚きを隠せません。現代の多様な情報とサービスから、的確な情報を皆さんにお伝えできるよう、今後もリサーチを重ね、満足の行く葬儀が出来るようにお手伝いさせて頂きます。
RELATED POST
葬儀の費用

葬式に贈る生花(供花)の相場は?生花の種類と贈るときのマナーについて

【終活のてびき】後悔しない葬儀社の選び方とお葬式の費用まとめ
お葬式に参列したとき、生花がよく飾られていますよね。 この生花は供花(「きょうか」または「くげ」)といって、お悔やみの気持ちを示すため …
葬儀の費用

葬儀・法事のお布施の相場はいくら?お坊さんの頼み方はどうしたらいい?

【終活のてびき】後悔しない葬儀社の選び方とお葬式の費用まとめ
日本全体の7〜9割を占めるといわれている仏式の葬儀や法事。その際に必ず必要となるもののひとつに、お坊さんにお渡しする「お布施」があります。  …
葬儀の費用

家族葬の費用相場・平均を徹底調査!安心して故人を見送る為に

【終活のてびき】後悔しない葬儀社の選び方とお葬式の費用まとめ
最近よく聞く「家族葬」ですが、一般葬よりも規模が小さいので費用も安く出来ると思いがちですが、場合によっては遺族の持ち出し金が多くなるケースも …