葬儀社の口コミ・評判

ごじょクルは悪い口コミ・評判が目立つ!ドラブルの原因とは?

ごじょクル(互助会)とは、冠婚葬祭のために毎月少額(1.500円~5.000円)を積み立てて、将来葬儀や結婚式を会員価格で行えるシステムです。

冠婚葬祭には多額の資金が必要となりますので、事前にある程度の金額を積み立てておけば、いざという時に全額払う必要がないので、葬儀の場合は残された家族の負担も軽減出来ます。

しかし残念ながらごじょクル(互助会)の口コミと評判はあまり良くありません。

ここではまずごじょクル(互助会)とはどんなシステムなのかを説明します。それからごじょクルの悪い&良い評判口コミを紹介し、続いてメリット・デメリットを読んで頂いた後に、もっと安く葬儀が出来る方法をご提案します。

ごじょクル(互助会)とは?

出典:一般社団法人全日本冠婚葬祭互助協会

ごじょクル(互助会)とは、冠婚葬祭サービスを提供する会社で、昭和48年(1973年)に始められました。

互助会という書いて字のごとく、お互いを助け合う会、つまり相互扶助(そうごふじょ)の精神から生まれました。

会員の積立金で施設や設備を整え、冠婚葬祭を安い費用で行うのを目的としています。

ごじょクル(互助会)は経済産業大臣から営業許可を得られた企業だけが行える事業で、現在250以上の企業(冠婚葬祭業)が加盟し、互助会として活動を行っています。

ごじょクル(互助会)とはビジネスの仕組みであり、葬儀斎場を持っている葬儀社や結婚式場がこの互助会に加盟すれば、互助会として同じシステムを利用しながら事業が出来るという事です。ですから日本全国には互助会と呼ばれている会社が250以上存在しています。

ごじょクルの加盟会社には、サン・ライフ、アルファジャパン、セレモジャパン、セレマ、ベルコなどがあり、各社互助会として独自の積み立てプランを提案しています。

それをまとめているのが、一般社団法人全日本冠婚葬祭互助協会(全互会)です。この互助会を名乗る冠婚葬祭会社の8割以上がこの全互会に加入しています。上記の写真を参照して頂ければ、ご理解頂けると思います。

ごじょクル(互助会)加入者は毎月数千円を積み立てて会員となり、葬儀や結婚式の費用を軽減出来る事、また会員価格で利用できる事から人気があります。加入契約数は2313万口で、日本国民の約5人に1人互助会に加入していると言われるほどです。これは1人で何口も加入しているので、事実ではありませんが、それほどの数の契約があることには間違いありません。

但し、この積立金は通常の貯金や保険と違い、現金で払い戻されることはなく、葬儀や結婚式のサービスとして提供されます。解約申請も可能ですが、1~2割の高額な解約手数料がかかり、それが大きな問題となっています。

ごじょクルの評判と口コミ

冠婚葬祭には多額の資金が必要な事から、一昔前に年配者を中心にごじょクル(互助会)加入が広がりましたが、最近では良い評判だけでなく、悪い評判も聞こえてきます。

その主なものは解約手続きや解約手数料によるものです。ここで詳しく説明します。

ごじょクルの悪い口コミ

出典:経産省

残念ながらごじょクルでは、年間3.000件以上の苦情が出ており、一番多いのがこの解約トラブルです。

上記の表は経産省の「冠婚葬祭互助会の解約手数料のあり方等に係る研究会報告書」一部です。あまりにもごじょクル(互助会)による、解約手数料による問題が多いので、経緯と今後のあり方を示唆しています。

 

ではどんな苦情が多いのでしょうか?下記に実例をあげています。

<<解約金の説明を受けていない>>

冠婚葬祭互助会に、毎月3千円の80回払いで積み立てをしていた。満期になり、お金が必要な事情ができたので、積み立てた24万円を解約しようとしたら、「解約手数料3万5千円を差し引いた金額しか戻らない」と言われた。契約書の控えは手元にあるが、字が小さくて読んでいない。訪問販売で契約したが、勧誘のとき、解約手数料の説明を受けた覚えはない。(80歳代 女性)

引用:国民生活センター

積み立てた金額を解約しようとしたら、解約手数料約15%も取られる事態に驚いたという口コミです。

<<解約手数料が高すぎる>>

平成17年、母が加入していた互助会(以下、「事業譲渡互助会」という。)から勧誘を受け、夫婦で入会した。掛金5,000円(掛金1口3,000円90回払い 、掛金1口2,000円90回払い の2コース)として申し込み、平成25年に完納した 。入会時にパンフレットは渡されず、解約手数料の説明も一切なかった。平成27年、相手方の代理店職員と自宅で会い、相手方が事業譲渡互助会の業務を引き継いだことを聞き、支払済みの掛金は継続してもよいし、解約して新たに相手方に加入してもよいと説明を受けた。サービスは利用していないが、事業譲渡互助会の解約手数料は1人約7万円であると言われ、高額であることから、解約手数料の金額について、事業譲渡互助会の約款によるのか、相手方の約款によるのか等を相手方に再度問い合わせた。また、相手方に提出した事業譲渡互助会の解約申請書は保留扱いとすることを依頼した。その後、相手方より、解約手数料の1人約7万円は 事業譲渡互助会の約款に基づくものであるとの回答があった。互助会サービスを解約し、裁判例(大阪高 判H25.1.25)に従った方法で解約手数料を算出し、既払金45万円から控除して返金してほしい。

引用:国民生活センター

こちらも解約手数料に関するトラブルです。

2人分で45万円積み立てたのに、解約するならば1人7万円の解約料、つまり2人で14万円の解約料を請求されています。45万円積み立てて解約すれば31万円になってしまいます。この場合、解約手数料は30%以上という高額です。

いったい何のための事前積み立てなのでしょうか。これではたとえ会員価格で安く葬儀が出来るとしても意味がありません。

実はこの解約手数料に納得がいかず全国各地で裁判になっています。また大阪高等裁判所は、互助会(セレマ)の解約手数料は無効という司法判決を出しています。それが上記の口コミに書かれている、裁判例(大阪高 判H25.1.25)です。

これは初めて原告側(加入者)が勝訴した事例ですが、残念ながらこの件に関してはまだ返金が完了していません。

そして全国で行われている同様の裁判では、原告側(加入者)が敗訴しているケースも多く、この裁判例(大阪高 判H25.1.25)の判決が全てのケースで適用されているわけではありません。

また裁判は大変だから、数万円だからと泣き寝入りしている加入者も多いと思われます。ごじょクル(互助会)に入る場合は慎重に調べてからにしましょう。

上記の悪い口コミ・評判を読むと印象が良くないのはお分かりだと思います。ではごじょクル(互助会)は、加入者を騙すような悪い会社なのか?

確かに解約についてはトラブルが多いのは事実ですが、互助会に加盟している斎場で葬儀をして満足している人達がいるのも事実なのです。次の項ではごじょクルの良い口コミ・評判をご紹介します。

ごじょクルの良い評判

<搬送から葬儀まできめ細かくサポート>

母の葬儀のときですが、もう88歳でしたのである程度覚悟はできていましたが、あと1ヶ月くらいと言われていたのが少し早まったんです。突然という感じではありませんでしたが、初めてのことばかりで何をどうしたらいいのか、とにかく不安でいっぱいでした。病院で亡くなったのですが、電話をしたらすぐに搬送の手配をしてくださって、それからずっとお通夜、葬儀、お布施の金額や渡すタイミング、何から何まできめ細かくサポートしてくださったので本当にありがたかったです。

引用:ごじょクル公式サイト

こちらの方は、初めての葬儀で心細いところ、きめ細かいサポートをして貰い、本当に助かったという口コミです。

葬儀に慣れている方は少ないですし、家族が亡くなったばかりですから、気が動転して当たり前です。

そんな時に遺族に寄り添ったサービスは有難いですね。

 

<斎場の設備が整っている>

お通夜のときに、遺体の側で一夜を過ごしたのですが、お風呂もありますし、お布団も清潔で至れり尽くせりでした。自宅の場合だと、遠方からのお客様のお世話までしなくちゃいけませんから、とにかく大変。その点でも、親族に喜んでもらえて本当に良かったです。余計なことに気を使わなくてもいいというのも魅力ですね。

引用:ごじょクル公式サイト

ごじょクルは葬儀斎場の施設が立派なことでも有名です。それは加入者の積立金の半分を施設やサービスに投資しているからです。

全ての斎場ではありませんが、付き添い安置の宿泊も出来ますし、寝具の貸し出しもありますので便利ですね。

昔は自宅安置で親族も家に寝泊まりしたので、遺族は大変でしたが、現在では斎場で安置・お通夜・葬儀を行う人達が増えています。

<相談すれば何でも答えてくれる>

四十九日の手配のとき、『案内状のハガキはこういったものがありますよ。それはこうした方がいいですよ。』と、具体的に教えてくれて、葬儀が終わった後も親切に対応してくださるので、とても勇気づけられました。 相談すれば何でも答えてくれるので頼りにしています。『互助会に入っていて本当に良かったな』というのが実感です。今後も家族のもしものときのために、ずっと継続していきます。

引用:ごじょクル公式サイト

ごじょクルでは葬儀後も色々とアドバイスしてくれて、信頼がおけるという口コミです。

葬儀後の仏壇やお墓の購入、また法事やお知らせ等々、色々な手続きがありますが、ここまでの知識を持っている方は少ないでしょう。

そんな時にプロの助言があると、安心ですね。

ごじょクルのメリット・デメリット

年配者を中心に、ごじょクルの会員が多いのには理由があります。葬儀には多額の資金が必要になり、それを一括で支払うのには無理があります。事前に少しずつ貯めて、いざという時に備えておく、これはとても有効な手段です。

葬儀は事前準備が一番大切です。前もって情報を仕入れ検討し、それに見合った金額を用意しておく事です。ごじょクルはその点優れていますが、実はデメリットもあるのです。

ここではごじょクルのメリット・デメリットについてお話しします。

ごじょクルのメリット

ごじょクルの会員数が多いのは理にかなったシステムだからです。ここではごじょクルのメリットについて説明します。

  1. 急な多額の出費に備える事ができる
  2. 会員割引が受けられる
  3. 加入者の家族にも適用できる
  4. 全国で利用できる
  5. 仏壇購入、法事、結婚式、七五三にも使用できる

上記の5点がごじょクルの主なメリットです。ひとつずつお話しします。

急な多額の出費に備える事ができる

葬儀の全国平均は約200万円とも言われています。これは社葬などの大型葬儀を含めた数字ですので、一般家庭の葬儀であれば、もう少し安く収まると思います。

それでもやはり葬儀費用は大きな出費です。これが事前に積み立てしておけば、多額な支払いを軽減する事が出来ます。

ごじょクルでは月額1.500円から5.000円まで、積立金を自分で選ぶことが出来ます。例えば3.000円×80回コースならば、240.000円の資金を事前に積み立てる事ができます。

また積み立ての途中で葬儀を行う事になっても、差額金を支払えば会員と同様の割引を受ける事が出来ます。

会員割引が受けられる

ごじょクルでは葬儀を行う際に、会員は特別な割引を受ける事が出来ます。

例えば互助会プランで葬儀用の祭壇が、通常価格よりも割安になる権利です。

但し会員割引は祭壇にのみ適用で、他の物には使えません。また会員が利用できる、葬儀の基本プランも決まっていますので、変更は出来ないと思って下さい。

しかしこれらの割引は、加入しているごじょクルや利用する式場によって違いますので、加入する前に確認しておくと安心です。

加入者の家族にも適用できる

ごじょクルの会員は本人以外にも、同居の家族にも同等の特典付きで利用することが出来ます。

また契約者本人が喪主として葬儀を施行する場合は、どなたが対象でも会員特典は利用可能です。

もし上記の条件を満たさない親族でも、名義変更をすれば使用できますので、無駄になる事はありません。

全国で利用できる

ごじょクル(互助会)は全国にあり、どこでも利用することが出来ます。

万が一加入している互助会のエリア以外に引っ越しする場合でも、移籍手続きを行えば引き続き利用可能です。

仏壇購入、法事、結婚式、七五三にも使用できる

ごじょクルの会員特典は葬儀だけでなく、仏壇・墓・法事・成人式・結婚式・衣装レンタル・旅行等、多岐にわたりますので、使い損ねることはありません。

ただし加入しているごじょクルにより、利用できる特典や金額は変わってきますので、ご注意ください。

ごじょクルのデメリット

ごじょクルにはメリットが沢山あることはご理解頂けたと思います。加入者が多いのにも納得です。

しかしごじょクルには致命的なデメリットがあるのです。

  1. 解約しぶり
  2. 解約手数料が高額
  3. 途中引き出し不可・利息なし
  4. 倒産すると半額以下しか保証されない

下記で詳しく説明します。

解約しぶり

(2) 解約に関する相談事例((1)を除く。)

・20年掛けてきた冠婚葬祭互助会。満期据え置き完了し、本社へ解約手続きに出向いたが、なかなか解約させてくれない。

・解約の連絡をしたが、一ヶ月近く経つのに、担当者がなかなか対応してくれない。

引用:消費庁

ごじょクル(互助会)は会員から預かった費用の半分を施設の開設などに運用しています。ですから会員数が減ると施設の維持が出来なくなってしまいます。その為に解約を申請しても連絡が無い、手続きが出来ないという苦情が多いのです。

解約手数料が高額

(1) 解約手数料に関する相談事例

・冠婚葬祭互助会の満期解約を申し出たら、解約手数料として約1割かかると言われた。契約時に説明を受けておらず規約もない。

・夫が互助会を解約しようとしたら返金は納入額の半額だと言われた。加入時に説明は無く、業者は規約どおりだと言う。納得できない

・1年前に入会した冠婚葬祭互助会の解約を申し出たところ、解約料として5万円かかると言われ納得できない。妥当なのか。

・冠婚葬祭互助会の中途解約の際、解約料なしに解約返戻金を受け取る判決が出たと聞いた。この判決を自分も適用してほしい

引用:消費庁

上記の悪い口コミにも書きましたが、ごじょクルは解約に関するトラブルが多いです。

まずは解約しぶり、そして解約手数料が高いこと、どちらも利用者には不利な事ばかりですが、注意して利用すればメリットもあります。それについては後述します。

途中引き出し不可・利息なし

冠婚葬祭互助会(以下「互助会」という。)は、加入者から前払いかつ分割により掛金 (以下「前受金」という。)の支払を受け、結婚式や葬儀の役務の施行1又はその取次ぎを行う事業である。この事業は、一定規模の会員を集め前受金の支払を受け、この前受金を活用して儀式施行のための施設・人員を整備することで、経済的に儀式を執り行うことを目的としており、冠婚葬祭において重要な役割を担っている。

引用:経産省

ごじょクルは毎月数千円を積み立てしますが、貯金と違い途中で引き出しが出来ませんし、また利息が全く付きません。

それは上記にかかれている様に、ごじょクルの積み立て金は前受金として、葬儀や結婚式のサービスにしか利用できない規定となっているからです。

契約者は貯金と同じ様に途中解約できると思っている方も多いので、この点でも要注意です。

倒産すると半額以下しか保証されない

ごじょクル(互助会)は経済産業省認可の会社で、万が一倒産した時のために積立金の半分を保全しなければならないという決まりがあります。ですから最悪の場合、加入者は積み立てた金額の半分以下しか戻ってきません。

でもこれが貯金ならばどうでしょうか?銀行の一般預金ならば、元金1.000万円まで保証されています。

リスクを考えると銀行貯金の方が安全といえる事は確かですね。

ごじょクルをおすすめする人・おすすめしない人

上記のごじょクルのデメリットを読んで、尻込みしてしまった方も多いと思います。しかしごじょクルにはメリットもあるのを思い出して下さい。

ここではごじょクルをおすすめする人・しない人を簡単に説明します。

<おすすめする人>

  • 中・大規模な葬儀をあげたい方
  • 近所に良い会場がある方
  • 事前に葬儀費用を積み立てたい方
  • すでに加入済みの方

ごじょクルの提携している式場は比較的豪華で、立派な葬儀をあげる事が出来ます。特に中・大規模な葬儀を考えている場合は、会員割引も利用出来ますので適していると思います。

またごじょクルは途中解約が出来ませんので、貯金と違い現金を引き出すことが出来ません。ですから他の費用に流用することなく、確実に葬儀費用を貯めることが出来ます。

すでに加入済みの方には、最後まで積み立てして、葬儀や結婚式で利用した方が良いかもしれません。上記に書いたように、解約手続きは難しいようなので。但し、倒産時のリスクも頭に入れておきましょう。

<ごじょクルをおすすめしない人>

  • 小規模な葬儀を予定している方
  • 葬儀費用を安くしたい方

ごじょクルの提携している会館は立派で、葬儀のプランも決まっており、小さい葬儀にしたくても、ランクを落とす事が出来ません。

また会員割引を利用すればお得感はありますが、安く葬儀をあげたければ、葬儀紹介会社の基本プラン料金の方が安いです。これについては後述します。

ごじょクルで失敗しない為に、加入前に確認したいこと

ごじょクルの良い所・悪い所、色々と述べてきましたが、それでもごじょクルに加入したい方は下記の2点を考えてみると、失敗しないと思います。

<①加入目的の明確化>

ごじょクルに入会する目的は何なのか?ただ便利だから、いずれ葬儀か結婚式で使うから、近所の人達が皆加入しているから、という理由で契約すると失敗する可能性が高いので気を付けましょう。

誰の葬儀、又は結婚式に使うのかまで考えておくと良いですね。因みに一度利用すると契約終了となりますので、別口で契約が必要になります。夫婦の葬儀用として積み立てるのならば2口分の費用が必要となります。

<②近隣にある会館のチェック>

ごじょクルの会員が利用できる式場は決まっています。加入するならば、利用できる式場の良し悪しを調べておくと失敗がありません。

例えば友人のお母様の葬儀に参列した際、とても豪華で落ち着いた雰囲気が良かったので、自分の両親の時にもこの会館を利用したい、という場合ならば、ごじょクルで積み立てしても良いと思います。

失敗しないためには解約をせずに、必ず使う条件で加入するべきです。そうすれば後悔する事もありません。但し、積立金で葬儀の全てが賄えるわけではありませんので、注意しましょう。

もっと小規模で安い葬儀なら小さなお葬式

現代の傾向として、葬儀の規模が年々縮小されてるのをご存知でしょうか?理由は核家族の増加と、葬儀費用の節約です。最近よく耳にする家族葬がその代表ですね。

そこで人気があるのが、葬儀紹介会社です。この葬儀紹介会社は全国の葬儀社と提携し、安い基本プランで葬儀を行う事が出来ます。

中でもおすすめなのが「小さなお葬式」テレビでもコマーシャルをしているので、知っている方も多いと思います。

この章では小さなお葬式とごじょクルの葬儀プラン費用を比較してみます。

小さなお葬式の価格

小さなお葬式では5つのセットプランが用意されています。ここではこの基本プランの料金をご紹介します。

プラン名 料金 内容
お別れ葬 129.000円 式をせずに無宗教の火葬のみ
火葬式 169.000円 式をせずに仏式の火葬のみ
一日葬 309.000円 お通夜をせずに告別式のみ
家族葬 459.000円 30名までのお通夜と告別式
一般葬 609.000円 30名以上のお通夜と告別式

引用:小さなお葬式の基本プラン通常価格

小さなお葬式は基本プランが安く、含まれている内容が明確です。最低限必要なものは含まれていますので、追加料金も最小限ですみます。

またこの基本プランは葬儀費用のみで、この他に火葬費用・飲食費用・寺院費用が必要となります。

これは小さなお葬式だけでなく、どの葬儀会社のプランも同じです。火葬費用は自治体によって金額が全く違います。また通夜振る舞いや精進落とし、返礼品などの飲食&おもてなし費用は参列者の数によって違いますので、基本プランに含むことは出来ません。また寺院費用も同様で、お寺によって費用が変わります。

葬儀費用の総額は葬儀プラン+火葬費用+飲食費+寺院費用となりますので、心に留めておきましょう。

小さなお葬式の割引価格

小さなお葬式では、事前に資料請求するだけで5.000円割引、また葬儀後のアンケートに答えると5.000円割引となりますので、ぜひ無料の資料請求を利用して下さい。

また無料で資料請求すると、早割という制度に加入することも出来ます。これに入るのに申込料や更新料は必要ありません。無料加入するだけで、最大71.000円の割引制度が適用となります。

ただし最短でも加入後30日以降の適用となりますので、早めの登録をおすすめします。

ごじょクルは事前に数千円づつ何年も積み立てをしないと会員になれず、割引も適用になりません。

しかし小さなお葬式は、事前に資料請求をし、無料の早割に加入しておけば、安い基本プラン+割引が適用される、非常にお得なシステムとなっています。

▶︎▶︎小さなお葬式の公式サイトはこちら

 

あわせて読みたい
早割り
小さなお葬式の早割とは?4つの特徴や競合他社との比較を徹底解説!葬儀の仲介業者としては、業界でも定評のある小さなお葬式。料金設定も分かりやすい上、低価格でのプランが用意されています。 そんな小さ...

 

小さなお葬式とごじょクルの費用比較

ここでは簡単に葬儀プランの基本費用を比較してみたいと思います。小さなお葬式は全国どこでも同じ料金ですが、残念ながらごじょクルでは地域や会館によって差がありますので、この一般葬の費用比較は一部の例として掲載しますので、ご了承ください。

小さなお葬式 ごじょクル
基本プラン料金 609.000円 780.710円

※ごじょクルはベルコのシティーホール御幣島を利用した場合の金額で、参列者数は不明です。

上記の金額比較はほぼ同様の内容ですが、祭壇や供花などが全く同じわけではありませんので、あくまでも目安として参考にして下さい。

この表は30名以上の一般葬を想定していますが、もし30名以下の家族葬をご希望ならば、小さなお葬式は基本プランが459.000円となりますので、葬儀費用をもっと抑える事ができます。また早割を利用すればもっと安くなりますので、事前の資料請求をお忘れなく。

なぜ小さなお葬式はこんなに安いのか?その秘密は各葬儀社の空いている時間を利用して葬儀を行うからです。

また葬儀紹介会社を利用する場合、家族が亡くなり連絡した時に近隣の空いている葬儀社がきますので、事前にどの葬儀社になるのかは分かりませんし、指定も出来ませんのでご注意下さい。

▶︎▶︎小さなお葬式の公式サイトはこちら

ごじょクルは悪い口コミ・評判が目立つ!まとめ

ごじょクル評判口コミ情報はいかがでしたか?

ごじょクルは加入者が多く、事前に葬儀費用を積み立て出来る優れたシステムですが、良い所ばかりでなく悪い所もあると書きました。もう一度ここで簡単に確認しておきましょう。

<ごじょクルの良い評判とメリット>

  • 事前に葬儀費用の積み立てが出来る
  • 会員割引が適応となる
  • 斎場が立派で中・大規模の葬儀に向いている
  • きめ細やかなサポート
  • 加入者の家族にも利用できる

 

<ごじょクルの悪い評判とデメリット>

  • 解約が難しい
  • 解約手数料が高い
  • 途中引き出しが出来ず、利息もない
  • 倒産すると半額以下しか保証されない

以上の事を加味したうえで利用するならば、使用目的の明確化と近隣の提携施設を調べる事も大切です。

また小規模の家族葬ならば、葬儀紹介会社の方が基本プラン費用が安いので検討に値します。特に小さなお葬式は、基本プランに最低限必要なものが含まれている値段なのでおすすめです。

葬儀をする際に一番大切なのは事前準備です。葬儀社はもちろん、費用や参列者についても、事前に家族で話し合い、どの位の規模でどんな葬儀にするのかを話し合っておくと、具体的な準備が整い易くなります。

また事前の申し込みや登録で葬儀費用もかなり安くなりますので、情報収集を怠らないようにしましょう。今はネットで無料で資料の取り寄せが出来ますので、ぜひこのチャンスに取り寄せて、費用や内容を見比べ比較検討しておきましょう。

▶︎▶︎小さなお葬式の公式サイトはこちら
ABOUT ME
momiji
momiji
50代のライターもみじです。両親も年老い、入院している家族がいることから、葬儀準備を真剣に考えて情報収集する日々です。現在は色々なサービスがあり、昔とは違う葬儀に対する価値観に驚きを隠せません。現代の多様な情報とサービスから、的確な情報を皆さんにお伝えできるよう、今後もリサーチを重ね、満足の行く葬儀が出来るようにお手伝いさせて頂きます。
RELATED POST
葬儀社の口コミ・評判

お坊さん便の評判と口コミを徹底調査!メリット・デメリットも解説

【終活のてびき】後悔しない葬儀社の選び方とお葬式の費用まとめ
お坊さん便という僧侶派遣サービス、葬儀や法事の時に菩提寺(ぼだいじ・お付き合いのある寺院)がない方々には好評ですが、初めて利用する方は少し不 …
葬儀社の口コミ・評判

「いい葬儀」の口コミ・評判は本当?葬儀社を探す際の3つのポイント

【終活のてびき】後悔しない葬儀社の選び方とお葬式の費用まとめ
人の死とは突然やってくるものです。 悲しみにくれる間もなく葬儀の準備をすることになりますが、気持ちも動揺し時間にも追われている中での葬 …
葬儀社の口コミ・評判

「イオンのお葬式」は悪い口コミ・評判ばかり?他社サービスと違いを徹底比較

【終活のてびき】後悔しない葬儀社の選び方とお葬式の費用まとめ
お葬式の準備をするのって、分からないことばかりで不安になってしまいますよね。葬儀にかかる費用は不透明だし、追加料金がすごく高くなるんじゃない …