ドラマ

Gino0808(雪女と蟹を食う作者)wiki風プロフィール・エゴイストブルー打ち切り?

gino0808プロフィール・性別

現在飛ぶ鳥を落とす人気のweb漫画家のGino8080先生。

『雪女と蟹を食う』がドラマ化され、今最も熱い漫画家のうちの一人と言えるのではないでしょうか?

Gino8080先生の作品には『雪女と蟹を食う』はもちろんのこと、他にも素敵な面白い作品があります。

しかし 、中には打ち切りになってしまった作品も?

ここでは、Gino8080先生のプロフィールや作品など紹介していきます。

Gino0808読み方・プロフィール

Gino8080先生ですが、なんと読むかわかりますか?

Gino8080は『ギノハチゼロハチゼロ』と呼びます。

珍しい名前で読めた方も少ないのでは?

もちろんペンネームであり、本名は調べても不明でした。

Gino8080先生は、元々Pixivなどでイラストを上げていたそうです。

詳しいことは書いてはありませんが、pixivがきっかけで漫画家になったようです。

そして、気になるGino8080先生出身地や出身校ですが、ツイッターで本人がつぶやいてました。

それではGino8080先生のプロフィール、作品を紹介していきます。

Gino0808wiki風プロフール

ここでは、Gino0808先生のプロフィールや作品を書いていきます。

まず、出身地は山口県で15才〜22才までは関西に住んでおり、大阪府の住吉区や河内長野に住んでいたようでした。

出身校は大阪芸術大学を1年で中退し、大阪芸術大学短期大学部も1年で中退しており、在学時期やそれより過去の学歴は書いておらずで不明でした。

上記の情報は、Gino8080先生のツイッターにてつぶやかれていました!

そして、漫画の内容で男性かと思ったら性別は女性!

漫画の中で、男性の気持ちをここまでリアルにかける女性ってすごいですよね?

Gino0808過去の人気作品

Gino0808先生は『雪女と蟹を食う』以外にどのような作品を書いているのでしょうか?

Gino0808先生の作品を紹介していきます。

デビュー作に関しては不明で調べても、書いてありませんでした。

調べた中で古い順から紹介していきます。

『蝉の鳴く頃』(全4巻)

16歳の姪っ子の美加と暮らす28歳の高弘。

そして、美加に想いを寄せるクラスメイトの佐藤、高弘の元カノの恵利子の大人の四角関係のストーリー。

『蝉時雨の虹』のセルフカバー『童貞噺〜どうていばなし〜』(4巻)

非リア充の高校生活を過ごし、髪を染め短大デビューを狙ったタカヒロ。

そんな、タカヒロを取り巻く短大の美女やキャバクラのバイト先の人々。

童貞で冴えないタカヒロの刺激的な日常物語。

『エゴイストブルー』(2巻)

美大生でプロの画家を目指す谷崎ユリカ。

ある日、占い師と名乗る男に声をかけられ不審に思いスケッチブックを除いてみると、そこには思いがけない衝撃が描かれていた。

女子大生の大人の恋の物語。

この3作に加え、今回ドラマ化された『雪女と蟹を食う』(全8巻)です。

『雪女と蟹を食う』

人生の行き場を失った北と謎多きセレブ妻雪枝彩女。

ひょんな事がきっかけで、蟹を食べに車で旅に出るというストーリー。

旅の途中で繰り広げられる、二人のやり取りが生きる事の大切さを教えてくれる作品です。

Gino0808先生の作品の、共通の見どころは必ずと言っていいほど美女が出てくるところやキャラクターが人として成長する所です。

そして、お色気シーンもあったりで全ての作品が面白く読みやすいのでぜひ読んでみて下さい!

Gino0808エゴイストブルーはなぜ打ち切り?

https://twitter.com/SSMSSM/status/1537064319003009024?s=20&t=0UMeCvLm8sKsuEQsRFMJ8Q

Gino8080先生の作品『エゴイストブルー』(2巻)は打ち切りになりました。

『エゴイストブルー』は、天才画家と美大生との関係を書いたちょっと大人な内容の作品です。

打ち切りになってしまった理由を調べていっても、不明でした。

しかし、本人のnoteには『打ち切りの理由は思い出したく無いので説明は省きます。』と書いてありました。

ちょっと気になりますね!

話せるときが来たらぜひ、話して頂きたいですね。

https://twitter.com/mailipipi222/status/1345060290715504641?s=20&t=0UMeCvLm8sKsuEQsRFMJ8Q

漫画ファンの声を見ていると「雪女と蟹を食う」を読んで同じ漫画家Gino8080先生(ギノハチゼロハチゼロ)の「エゴイストブルー」も読んでみた。

このような反応が多くみられました。

今回「雪女と蟹を食う」が地上波でドラマ化されるので、このドラマをみてGino8080先生(ギノハチゼロハチゼロ)のファンも増えると予想されますね!

エロが多めで独特な個性を表現しているGino8080先生漫画なので、「エゴイストブルー」の続編を強く希望するファンが増えるのではないでしょか。

Gino0808サイン会情報

Gino8080先生のサイン会はいつあるのでしょうか?

調べてみますと、今の所開催の予定はないとのことでした。

プレゼントがたくさん貰えるのであればやろうかな?という情報はありましたが確定はしていません。

しかし、2019年の12月にサイン会は開かれています。

『雪女と蟹を食う』のコミック1巻〜を買った方限定で秋葉原で行っていたようです。

ドラマ化をきっかけに「サイン会」を増やしてくれることを期待しましょう。

Gino0808wiki風プロフィールまとめ

いかがでしたでしょうか?

Gino8080先生は、女性で山口県出身の大人気WEB漫画家で、今回『雪女と蟹を食う』のドラマ化にあたり更に注目を浴びています。 

『雪女と蟹を食う』はもちろん、他の作品もとても素敵で面白い作品ばかり。

そして、素顔はこれからも一切公開しないと公表しており、そんなミステリアスなところも良いですね!

これからも、素敵な活躍を応援しています。