喪服/礼服

葬式の黒ネクタイはどこで買う?100均やコンビニのは失礼?

通夜・葬式用の黒ネクタイはどこで買う?

基本的に葬式や通夜、後は法事の時など男性は無地の黒ネクタイが必要になります。

ただこんな経験ないでしょうか?

「今日は地味目なスーツだけどネクタイが派手かも…」

「自宅に帰って準備してきたけどネクタイを忘れた…」

そんな緊急な場合、葬式の黒ネクタイはどこで買うんでしょうか?
実は意外と身近で売っていて100均やコンビニでも置いてあります。

ここでは販売してる店舗や価格などリサーチした結果をご紹介します。
あわせて選ぶ際の注意点なども書いてますので是非参考にしてください。

葬式の黒ネクタイはどこで買う?

葬式(喪服)イオンメンズ

黒ネクタイが買えるお店と言えばスーツ専門店やデパートが思い浮かびますが、意外と身近な所でも購入できるお店があります。

例えば100円ショップやコンビニ、ユニクロやしまむら等でも購入出来ます。

それぞれの特徴や値段などリサーチした結果をまとめたので参考にしてください。

100均一(ダイソー、セリア、キャンドゥ)

ダイソー・セリア・キャンドゥといった100円ショップ。もちろん価格は100円で販売しています。100円と言っても普通のネクタイと違いはないので普段使いでもフォーマルなシーンでも十分使えます。

ただ若干色味が薄いような気がしますがそれでもクオリティは十分なので緊急用にいくつかストックしていてもいいですね。

コンビニ

https://twitter.com/sato_00229/status/1515825147449851904

セブンイレブンやローソン、ファミリーマートなど大手コンビニ店では一本1500円前後で販売されています。

価格も比較的リーズナブルで店舗も多く急に必要になってもすぐ立ち寄れるので助かりますね。ただ店舗によって品揃えが多少変わるようで、黒ネクタイは斎場の近くの店舗に置いてあることが多いです。

ユニクロ

クオリティがいいのに価格はリーズナブル!でお馴染みのユニクロでは1990円で販売しています。

品質はもちろん十分良いのですが一番の特徴として締めやすさ。

生地がシルク100%なので手触りや質感が良いですし、ネクタイがシュッと締めれるのはポイント高めです。

しまむら

価格が安く品揃えも豊富なしまむらでは1500〜2000円程で購入出来ます。

店舗によっては数珠付きの物やワンタッチで装着出来る物があるようです。

ドンキホーテ

驚安の殿堂でお馴染みのドン・キホーテでは安いものでは驚きの398円から販売しています。ブランド物もあるので種類は豊富にあります。

駅のKIOSK(キヨスク)

キヨスクでは1000円~2000円ほどで販売しています。

種類は店舗によって違うようなので普段使っている駅であらかじめ確認しておく事をおすすめします。

青山などのフォーマルスーツ専門店

専門店では3000円くらいからの価格で販売しています。

専門店なだけあるのでワンタッチネクタイや質感の違うものなどバリエーションは豊富にあります。

デパートのフォーマルスーツ売り場

阪急や大丸などのデパートでは5000円くらいからの価格で販売しています。

ブランド物が多いので価格は高くなってきますが品質などは高級感があるものが多いです。

お葬式会場・葬儀場

お葬式の会場では販売やレンタルをしている所もあるようです。

緊急の場合は一度問い合わせてみましょう。

葬式の黒ネクタイ選び方と注意点

葬式ん黒ネクタイ(礼服・喪服)

葬式で着用する服装や小物など最低限なマナーがあります。

ここではネクタイに絞って選び方や注意点を紹介します。

ネクタイピン

ワンポイントのアクセントやネクタイが動かないようにする為のネクタイピン。

葬式の場では基本的に光物はNGとされているので使用しないようにしましょう。

色・柄

なるべく光沢がない黒無地のネクタイを選んでください。

少々の柄など付いた物もありますがマナー違反と感じる方もいます。
周りの方に失礼になるので葬式でのマナーとして覚えておきましょう。

ネクタイの結び方

葬儀の場では結び方にも注意が必要です。

ネクタイは様々な結び方がありますが葬儀の場では結び目にくぼみを作る結び方はNGとされています。

くぼみを作ると華やかな印象になります。こういった場では合わないので注意しましょう。

まとめ

葬式で使う黒ネクタイが買える所は意外とたくさんあります。
緊急で必要となった時でも慌てないで大丈夫です。

  • 100均
  • コンビニ
  • ユニクロ
  • しまむら
  • ドン・キホーテ
  • キヨスク
  • フォーマル専門店
  • 葬儀場

これだけ取り扱い店舗があればいざとなっても用意出来ますね。
価格帯や質感は店舗によって様々ですが安物だからNGということはありません。
むしろ適したものを着用していない方が失礼にあたります。

黒ネクタイの選び方やその他注意点としては

  • ネクタイピンは基本的に光物なのでNG
  • 色や柄はなるべく光沢の少ない黒無地
  • ネクタイの結び方はくぼみを作る結び方はNG

この3点に注意して選んでみてください。

\インスタで大人気!初回限定94%OFF/