ドラマ

24時間テレビドラマ【無言館】キャスト相関図・登場人物一覧と見どころ

24時間テレビドラマ「無言館」キャスト相関図

「24時間テレビ45 愛は地球を救う」の中で、8月27日21時ごろからドラマ「無言館」が放送されますが、ドラマ「無言館」では誰がキャストを務めるのでしょうか?

ドラマ「無言館」では、どのようなキャスト相関図なの?

この物語は、長野県上田市に実在する美術館「無言館」を題材にしていて、太平洋戦争で亡くなった画学生(美術学校で絵を学んでいる学生)の作品を集め、開館へ奔走するヒューマンドラマです。

まもなく始まる夏の風物詩、「24時間テレビ45 愛は地球を救う」の中で放送されるドラマ「無言館」でのキャスト相関図・登場人物の見どころを徹底調査しました。

24時間テレビドラマ【無言館】キャスト一覧

2022年8月27日「24時間テレビ45 愛は地球を救う」で21時ごろから放送されるドラマ「無言館」のキャストは誰なのか調べてみました。

https://twitter.com/mugonkan_24htv/status/1558288840787255296?s=20&t=OJ-yOhbsJjzL2OvzCUzwSA

24時間テレビのスペシャルドラマ

「24時間テレビ45 愛は地球を救う」ドラマ「無言館」は、8月27日21:00頃~23:15の約2時間のドラマとなります。

主人公の窪島誠一郎(くぼじませいいちろう)が、太平洋戦争で亡くなった画学生(美術学校で絵を学んでいる学生)の作品を集めて、美術館「無言館」を開館させていくというヒューマンドラマ。

作品を集めていく中で、戦死した一人の画学生のエピソードにフォーカスしています。

ドラマ【無言館】キャスト一覧

  • 窪島誠一郎(くぼじませいいちろう)役:浅野忠信(あさのただのぶ)
  • 野見山暁二(のみやまぎょうじ)役:寺尾聰(てらおあきら)
  • 日高安典(ひだかやすのり)役:影山拓也(かげやまたくや)
  • 雪江(ゆきえ)役:八木莉可子(やぎりかこ)

2022年「24時間テレビ45 愛は地球を救う」ドラマ「無言館」は、17年ぶりにジャニーズ出身ではない俳優が主演です。

「じゃあ、今年はジャニーズ系は出演しないの?」と思いきや、出ていますよ!

2020年10月に結成したばかりのジャニーズJr.の人気グループIMPACTors(インパクターズ)のリーダー影山拓也(かげやまたくや)さんが出演しています!

24時間テレビドラマ【無言館】キャスト相関図・登場人物の特徴と見どころ

2022年8月27日「24時間テレビ45 愛は地球を救う」で21時ごろから放送されるドラマ「無言館」では、どのようなキャスト相関図なのでしょうか?

キャスト相関図と登場人物の特徴について調べてみました。

浅野忠信(あさのただのぶ):窪島誠一郎(くぼじませいいちろう)役

  • 今ドラマの主人公で、小説家、美術評論家
  • 美術館「無言館」の設立者

窪島誠一郎(くぼじませいいちろう)は高校卒業後、育ての両親が営んでいた靴の修理店を改築しスナックを経営。

そこで経営することを学んだのか、他にも画廊や私設美術館を設立するなど手広く美術に関係する活動をしていました。

「祈りの画集ー戦没画学生の記録」という小さな画集が発売され、その中の野見山暁二(のみやまぎょうじ)のインタビューに心を揺さぶられます。

そうなると会ってみたくなりますね。

窪島誠一郎(くぼじませいいちろう)が設立した私設美術館で毎年行っている「槐多忌(かいたき)」というイベントに、野見山暁二(のみやまぎょうじ)を講演者として招待。

この出会いがのちのちに「無言館」開設へのきっかけとなり、野見山暁二(のみやまぎょうじ)とバディを組み、戦没画学生の作品を集めていきます

画学生が残した作品は「無言でも注意深く見ると、全て語ってくれている」

戦争へ出征する画学生たちの、無言の思いを多くの人々に知ってもらうために奔走する重要な役どころを浅野忠信(あさのただのぶ)さんが見事に演じます。

寺尾聰(てらおあきら):野見山暁二(のみやまぎょうじ)役

  • 画家

画家の村山槐多(むらやまかいた)をしのぶ「槐多忌(かいたき)」で窪島誠一郎(くぼじませいいちろう)と出会い、戦没画学生の作品を収集することに協力します。

そもそも戦没画学生を探し出すことや、遺族の方々への作品を寄贈してもらうことは非常に難しいことです。

当時の日本ではそういった詐欺などもあって、戦没者遺族も警戒していたでしょう

そう簡単には「いいよ」はもらえませんですね。

戦没者遺族を地道に説得していき、作品を集めていくことの苦悩や挫折を、寺尾聰(てらおあきら)さんが見事に演じてくれるのではないでしょうか。

影山拓也(かげやまたくや):日高安典(ひだかやすのり)役

  • 画学生
  • 太平洋戦争へ出征し戦死

戦争へ出征する前に恋人をモデルにした作品「裸婦」を描く画学生。

出発の時間が迫る中、時間がなく未完成にして「戦争から帰ってきたら続きを描く」と伝えて戦地へ旅立ちます。

こんな切ない話はありません。

戦争へ出征することが決まり、恋人や家族を母国に残すことの辛さ。

最後の最後まで自分の思いを絵に描き続けた画学生日高安典(ひだかやすのり)役を影山拓也(かげやまたくや)さんが演じます。

舞台での表現力を生かして、力強くも儚い青年を演じきってくれるのではないでしょうか。

八木莉可子(やぎりかこ):雪江(ゆきえ)役

  • 日高安典(ひだかやすのり)の作品「裸婦」のモデル

戦争へ出征する日高安典(ひだかやすのり)の恋人で、聡明で清楚な雰囲気の女性。

太平洋戦争中の日本で、「戦争さえなければ」と思う人々は少なくないでしょう。

国のために従わなければならないけど、心の中では恋人に戦争に行かないでほしいという心の葛藤を見事に八木莉可子(やぎりかこ)さんが演じてます

八木莉可子(やぎりかこ)さんは、「女優の登竜門」ともいわれる清涼飲料水のCMに大抜擢されていて、現在でもその透明感とフレッシュな魅力が話題を呼んでいる注目の若手女優です。

24時間テレビドラマ【無言館】脚本・監督・スタッフ

2022年8月27日「24時間テレビ45 愛は地球を救う」で21時ころから放送されるドラマ「無言館」では、脚本・監督・スタッフは誰なの?を調べてみました。

  • 脚本・監督:劇団ひとり(げきだんひとり)
  • 音楽:大間々昴(おおままたかし)
  • チーフプロデューサー:田中宏史(たなかふろふみ)
  • プロデューサー:大倉寛子(おおくらひろこ)

今ドラマの脚本・監督を務めるのは、劇団ひとり(げきだんひとり)さんですね。

劇団ひとり(げきだんひとり)さんは、地上波ドラマでは初の監督と脚本を務めます。

たくさんの作品を手掛けていますが、地上波では初めてなんですね。

劇団ひとり(げきだんひとり)さんの作品は、切なさや儚さを表現することが非常にうまいと感じます。

劇団ひとりさんのはこの作品に関わるにあたって、「戦争」に対する複雑な思いを語っています。

戦争とは無縁の人生を生きてきた世代ですが、昨今はウクライナの問題もあり連日そのニュースばかりで戦争について考える機会が多くなってきていますね。

劇団ひとりさんのインタビューの記事の印象的な文面を以下に引用しています。

窪島誠一郎さんの著書を読むと、『無言館』を『反戦をテーマにした美術館にはしたくない』と仰っていて。絵と戦争は、直接は関係のないことだから、あくまで作品を楽しんでもらいたいと。『美談にはしないで欲しい』とおっしゃっていたので、ドラマも『反戦』をテーマにした内容にならないよう気を付けました。

引用:ドラマ無言館公式サイト

戦争の事実を知る大切さ、人の気持ちを感じる心を伝える作品になっているのではないかなと思います。

「戦争」がテーマなのに一概に「反戦」を伝える内容にしない作品、奥が深くて少し難しそうですが監督としての腕の見せどころなので期待が高まりますね!

ドラマ「無言館」は8月27日(土)21時ごろ〜の放送です。お楽しみに♪

24時間テレビドラマ見逃し配信は?

番組名からも「24時間テレビ45 愛は地球を救う」と銘打っていますので、24時間見続けることはなかなか難しいですね。

時間や急用で見たい時に見れない!そういった声は少なくありません。

「24時間テレビドラマ見逃し配信は?」について調べてみました。

  • 「24時間テレビの再放送」は今までに一度もされていないため2022年も再放送される可能性はなしと予想
  • 昨年2021年の「24時間テレビスペシャルドラマ 生徒が人生をやり直せる学校」は、放送終了後の8月22日(日)20:54〜1か月間の限定でHuluにて配信

2022年も「24時間テレビ45 愛は地球を救う」内のドラマ「無言館」はVODサービスのHuluで配信されるのではないでしょうか?

しかも期間限定の可能性がありますので、みなさん要チェックです。

\無料トライアルで2週間お試し/

コナン

24時間テレビドラマ【無言館】キャスト相関図・登場人物一覧:まとめ

今回は、「24時間テレビ45 愛は地球を救う」で放送されるドラマ「無言館」キャスト相関図・登場人物一覧について調べました。

戦没画学生の作品を展示する美術館を設立するために、全国を回る窪島誠一郎(くぼじませいいちろう)と野見山暁二(のみやまぎょうじ)。

全国を回っていくと、そこには戦争で大事な家族を失った遺族や友達が残されていました。

遺族の方々も、戦争で戦死してしまった息子が残した作品をいきなり「寄付してほしい」と言われても胸が苦しくなるだけでしょう。

もし、自分が同じ立場だったら寄付できないです。

ずっと手元に持っていたいと思いますが、それでは前に進めないとも感じます。

「忘れないこと」と「戦争は許せない」という願いを込めて、遺族の方々は作品を寄付していったのではないでしょうか。

その美術館に展示されている「裸婦」という油絵は、画学生の日高安典(ひだかやすのり)の作品で、描かれているのは恋人の雪江(ゆきえ)です。

この二人のエピソードも、切ない話ですね。

人気グループIMPACTors(インパクターズ)のリーダー影山拓也(かげやまたくや)さんと、人気注目株の女優八木莉可子(やぎりかこ)さんが、引き裂かれてしまった恋人たちの心の内を切なく演じてくれることに注目です!

\総合売れ筋ランキング1位/